第86回全国高校野球 千葉大会 チーム紹介 千葉

第86回全国高校野球 千葉大会 チーム紹介 千葉
カテゴリ
★埼玉高校野球を応援してます♪★
★埼玉高校野球を応援してます♪★/一覧 (54)
高校野球関連グッズ (4)
B (2)
C (2)
D (3)
E (1)
G (1)
T (1)




2004年7月
       
8

新着エントリ
URL変更のお知らせ (4/20)
【2005センバツGAORAのオープニング曲】 (4/12)
【春季高校野球地区予選 】 (4/10)
【みんなの甲子園で使われていた曲!】 (4/7)
【みんなの甲子園・第77回センバツ動画配信(毎日放送)】 (4/2)
慶応がんばれ!! (4/1)
◆【甲子園の天気】ヤフー天気予報◆ (3/30)
◆【2005選抜・みんなの甲子園GAORA放送スケジュール】◆ (3/30)
◆【センバツ2005 春の高校野球 ヤフースポーツ】◆ (3/30)
◆【センバツ2005 試合結果 毎日新聞】◆ (3/30)
◆【センバツ2005 組み合わせ スポニチ】◆ (3/30)
★【センバツ2005 NHK】★ (3/30)
【第77回センバツ関係リンク集】 (3/25)
【第77回センバツ関連記事(毎日新聞)】 (3/25)
【浦和学院がんばれ!!】 (3/25)
【第77回センバツ大会試合結果】 (3/25)
◆第77回選抜高校野球大会◆ (3/15)
★2004年(平成16年)第35回明治神宮野球大会★ (11/8)
★2004年平成16年第57回秋季関東大会★ (10/16)
★2004年第59回国民体育大会(国体)★10/22〜 (10/16)
高校野球用具 (9/8)
高校野球関連ブック (9/8)
高校野球ゲーム関連商品 (9/8)
高校野球関連グッズ (9/8)
★2005年全国高校野球選抜大会出場をかけた秋季大会がんばってください!!★ (9/8)
★高校野球雑誌★報知高校野球★ (8/28)
★高校野球雑誌★輝け甲子園の星★ (8/27)
野球用語 (8/14)
高校野球特別規則(高野連) (8/12)

今これが売れてます!ビッダーズオススメ商品はこちら

【楽天市場】お菓子・デザート市場
お気に入りがきっと見
</div>
<br>

<!-- アーカイブ -->
<div class= アーカイブ
2004年 (37)
7月 (23)
8月 (6)
9月 (5)
10月 (2)
11月 (1)
2005年 (17)
3月 (11)
4月 (6)


アクセスカウンタ
今日:63
昨日:92
累計:330,015


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年07月08日(Thu)
| E/一覧 |  
第86回全国高校野球 千葉大会 チーム紹介 千葉


第86回全国高校野球 千葉大会 チーム紹介 千葉


◇あこがれの大舞台へ
 夢の舞台・甲子園を目指す高校球児らの「熱い夏」が今年もやってくる。第86回全国高校野球選手権千葉大会(県高野連など主催)が7月10日、千葉マリンスタジアムで開幕する。今大会には史上最多の180校が参加する。25日に同スタジアムで行われる決勝戦までの14日間、県内10球場で戦いを繰り広げる。
 最近の勢力図の中心は木更津勢だ。前大会は木更津総合が初優勝を飾り、甲子園でも1勝をあげた。また準優勝は志学館で、今春の選抜大会に出場したのは拓大紅陵だった。
 しかし、今大会は千葉経大付や流経大柏のほか、銚子勢の市銚子、銚子西なども加えたシード校の実力がきっ抗しており、突出した優勝候補は見当たらない。さらに習志野や東京学館など、ノーシードながら戦力が充実しているチームもあり、混戦模様だ。
 開幕を前に、各校の登録メンバーとチーム分析を6回にわたり紹介する。
【森禎行、柳澤一男】(※カット写真は千葉経大付、津田沼の両校に協力して頂きました)
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
………………………………………………………………………………………………………
 ◇泉(千葉市)
 堅実な守りで上位進出を狙う。エースの角田は多彩な変化球が持ち味だ。攻撃は1番の高梨、2番の伊藤の出塁がカギ。小技を生かして点を稼ぐ。
監督 田中宏明
 1 角田修平 (2)
 2 松本知也 (2)
 3 山本光輝 (3)
 4 森谷裕也 (3)
 5 斉藤正  (2)
 6 高梨賢一郎(3)
 7○横田和樹 (3)
 8 伊藤一樹 (3)
 9 布施貴広 (3)
10 鈴木裕幸 (2)
11 菅野祥則 (2)
12 円城篤志 (2)
13 中嶋慶一 (2)
14 内村電  (2)
15 植草一成 (2)
16 小川祐介 (2)
17 今関勇輝 (2)
18 高橋勇樹 (2)
19 小川大介 (2)
20 桜田拓也 (2)
 ◇磯辺(千葉市)
 打線は長打力のある結城、久保が中心。2年生エースの大網は、打たせて取るピッチングが特徴だ。堅い守りを武器に初戦突破を目指す。
監督 林健治
 1 大網裕也 (2)
 2 西村祥循 (2)
 3 榎本直晃 (2)
 4 鈴木達郎 (2)
 5○久保卓也 (3)
 6 竹内僚太 (3)
 7 新田亮平 (3)
 8 近藤真人 (3)
 9 結城太一 (3)
10 佐藤弘和 (3)
11 沖崎悠太 (2)
12 一條雄太 (3)
13 佐藤優作 (3)
14 永嶌良行 (3)
15 工藤裕貴 (2)
16 永吉顕  (2)
17 青木芳隆 (3)
18 金丸紘大 (2)
19 梶村慎太郎(3)
20 森祐太朗 (3)
 ◇稲毛(千葉市)
春の大会を1人で投げきったエースの吉田を中心とした守りのチーム。攻撃陣は主将で4番の竹林をはじめ、つなぐ野球に徹する。2回戦以上を狙う。
監督 依田司
 1 吉田雄治(3)
 2 内野翔太(3)
 3 川原健司(3)
 4 横山真輔(3)
 5 荻原弘朗(2)
 6 神定友樹(2)
 7 古川昇平(3)
 8○竹林憂 (3)
 9 岡本裕太(3)
10 石井勇介(2)
11 日暮裕太(3)
12 海野恭平(3)
13 小竹宏幸(3)
14 山本哲 (3)
15 武田祐樹(3)
16 土屋裕宣(3)
17 原田祐太(3)
18 山家友明(3)
19 石川正樹(3)
20 岩片浩一(3)
◇生浜(千葉市)
 エースの小坂は打たせて取るタイプ。控えに斎藤、尭部がおり投手陣は充実した。攻撃はいずれも一発のある新田、豊岡、米田が軸。ベスト16以上を目指す。
監督 栗原忠夫
 1 小坂好平 (3)
 2 永島雄一郎(3)
 3 豊岡浩  (3)
 4 三山健人 (3)
 5 大平一也 (3)
 6○河口光佑 (3)
 7 今村佑介 (3)
 8 板垣大樹 (3)
 9 新田真人 (3)
10 斎藤宏海 (2)
11 尭部大樹 (2)
12 山口祐一 (3)
13 遠藤直也 (3)
14 面高祐太郎(3)
15 竹原陽平 (3)
16 山本翔太 (3)
17 米田竜也 (2)
18 鈴木卓也 (3)
19 熊倉旬一 (3)
20 佐藤勇介 (3)
 ◇柏井(千葉市)
 守りで試合のリズムを作るチーム。投手陣はエース鈴木ら5人がそろい豊富。昨年からレギュラーの3番小林鉄、4番川瀬の前にランナーをためたい。
監督 寺内明広
 1 鈴木啓司(2)
 2 川瀬悟史(2)
 3 菅井史仁(3)
 4 湯浅康雄(2)
 5○小倉竜彦(3)
 6 小林鉄矢(3)
 7 村山康介(3)
 8 堀本太一(3)
 9 瀬川勇樹(3)
10 小松和也(3)
11 藤崎裕太(3)
12 高橋和宏(3)
13 宮野喬 (3)
14 手島義啓(2)
15 鎌田一樹(2)
16 北川雄佑(2)
17 宇田川遼(2)
18 江崎敏生(2)
19 小林翔 (2)
20 岩崎祐志(2)
 ◇敬愛学園(千葉市)
長打力のある永瀬、古作を中心とした3割打線が自慢。50メートル走6秒の関以外にも俊足がそろった。エースの山本は最速135キロのストレートが武器だ。
監督 古橋富洋
 1 山本剛嗣 (3)
 2 古作侑也 (3)
 3 藤井章人 (3)
 4 吉村大輔 (3)
 5 永瀬豪士 (3)
 6○鈴木宏久 (3)
 7 伊藤三紀彦(3)
 8 能勢幹雄 (3)
 9 関達也  (3)
10 千鳥隼嗣 (3)
11 植竹政志 (3)
12 寺澤廣亮 (3)
13 押尾貴幸 (3)
14 中野雄太 (3)
15 高田雅行 (3)
16 富秋雄図 (3)
17 中村全宏 (3)
18 中山歩  (3)
19 高山将広 (3)
20 板倉雄一 (3)
 ◇京葉工(千葉市)
上手投げの澤田、サイドスローの高田の両ピッチャーがチームを支える。打率4割5厘の斉藤、勝負強い福島がランナーを返す。4回戦以上が目標。
監督 伊東慶一郎
 1 沢田優陽 (3)
 2○向井和幸 (3)
 3 坂田亮  (2)
 4 川上隆弘 (3)
 5 平川将也 (2)
 6 勝股拓也 (3)
 7 田野裕一 (3)
 8 斉藤篤司 (3)
 9 福島一樹 (3)
10 高田祥  (3)
11 倉田博行 (3)
12 神田剛  (3)
13 吉田裕人 (2)
14 栗岡克  (2)
15 足立哲也 (2)
16 福江直人 (2)
17 小曽戸卓美(2)
18 三浦大樹 (2)
19 向井隆哉 (1)
20 角野洸平 (1)
 ◇検見川(千葉市)△
 春の大会はベスト16。若林、篠宮、秋元はいずれも打率4割以上の強力クリーンアップだ。左腕のエース、加瀬はスタミナ豊富、右腕の篠宮は制球力がいい。
監督 堀内幹仁
 1 篠宮大輔 (3)
 2 三宅貴功 (3)
 3 飯野裕二 (2)
 4○若林祐介 (3)
 5 大塚聡司 (3)
 6 秋元翔太 (3)
 7 高見沢雅之(3)
 8 沖田翼  (3)
 9 柳沼祐史 (3)
10 木村直毅 (2)
11 加瀬耕介 (3)
12 鎌田恭兵 (2)
13 門田猛  (2)
14 松嵜早土 (3)
15 小林尚芳 (3)
16 粟飯原淳 (2)
17 御園生剛 (2)
18 村山新之助(3)
19 新島裕基 (3)
20 永洞健  (3)
 ◇向陽台千葉(千葉市)
 1年生中心の若いチームで1勝が目標。エースの小林はカーブを決め球に、粘り強い投球が特徴。チーム本塁打はゼロだが、コツコツつなぐ野球を展開する。
監督 二見仁
 1 小林直哉(1)
 2 村山浩行(2)
 3 白井達也(3)
 4 高桑裕貴(1)
 5 茂木勝利(1)
 6 切替奨 (1)
 7 飯尾一貴(1)
 8 正田崇 (1)
 9○鹿倉和平(3)
10 吉川皓貴(1)
11 高原正人(1)
 ◇犢橋(千葉市)
 初戦突破が目標。チーム打率は3割を越え、篠原、高橋、伊藤のクリーンアップ以外からでも点が取れる。1試合平均2・8個の失策を減らせるかがカギ。
監督 浅野優
 1 伊藤彰康 (3)
 2 高橋拓己 (3)
 3 藤代智也 (3)
 4○佐藤圭吾郎(3)
 5 荒原拓也 (3)
 6 酒井健司 (3)
 7 青山拓磨 (3)
 8 佐藤勇介 (3)
 9 篠原照忍 (3)
10 藤谷友樹 (3)
11 鵜沼陽助 (2)
12 杉本知也 (2)
13 能勢正人 (2)
14 安藤樹  (2)
15 山本裕輔 (2)
16 太田正敏 (2)
17 高橋弘幸 (2)
18 山口大輔 (2)
19 乙黒龍太 (2)
20 三橋竜  (1)(毎日新聞)

※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
 ◇金剛学園(千葉市)
 1、2年生時はクローザーやストッパーで経験を積んだ五十嵐がエース。攻撃陣は選球眼の良いバッターがそろった。全員野球で1勝を目指す。
監督 安田好秀
 1 五十嵐勇太(3)
 2 長浜司  (2)
 3 菊池尚幾 (2)
 4○伊藤竜一 (3)
 5 土屋広志 (3)
 6 井原祥吾 (2)
 7 千葉聡  (3)
 8 青木幹治 (3)
 9 種田竜一 (3)
10 酒井恵也 (2)
11 堀田展教 (3)
12 石母田純 (2)
13 山口修平 (3)
14 石橋孝太 (2)
15 菅原祐輔 (2)
16 吉野孝祐 (2)
 ◇渋谷幕張(千葉市)
 スライダーとカーブを使い分けるエースの浅理は、1年生のころから実戦経験が豊富。セカンドの五十嵐は守備範囲が広く、守りの要だ。
監督 後藤聡
 1○浅理雄太 (3)
 2 鈴木悠仁 (3)
 3 藪中弘志 (1)
 4 五十嵐知宏(2)
 5 川島令  (2)
 6 矢澤賢  (3)
 7 安田怜央 (1)
 8 山口智基 (2)
 9 柴山達郎 (1)
10 押田達也 (3)
11 本川耕資 (1)
12 河村浩彰 (1)
 ◇昭和秀英(千葉市)
 主将でセカンドの武藤、ショートの山田を要とした守備は安定感が出てきた。打線は平川、斎藤を中心に、つないで点を重ねる。目標は「とにかく1勝」だ。
監督 川本淳
 1 斎藤京助 (3)
 2 鈴木悠斗 (3)
 3 浜田祥太郎(2)
 4○武藤祥彦 (3)
 5 朝日一  (2)
 6 山田隼也 (1)
 7 田辺達毅 (1)
 8 平川博隆 (1)
 9 小山内亮太(1)
10 須田未知彦(1)
11 赤松秀紀 (1)
12 寺田祐也 (1)
13 熊木悠  (1)
14 本吉亮介 (2)
15 柿本一朗太(2)
 ◇千城台(千葉市)
 ショートの杉本、サードの塚越、エースの横下ら、昨夏大会の経験者が多いのが強みだ。出塁機会の多い杉本、田野の1、2番コンビを返せるかがポイント。
監督 斎藤航
 1 横下大騎 (2)
 2 金谷和彦 (3)
 3 岩切直仁 (3)
 4○田阪祥太郎(3)
 5 塚越俊輔 (3)
 6 杉本篤紀 (3)
 7 繁田浩明 (2)
 8 田野祐大 (3)
 9 岡本慎也 (3)
10 岡野大樹 (3)
11 及川興平 (2)
12 西垣奨太 (3)
13 新宅晋  (3)
14 酒井俊邦 (3)
15 千脇友太 (3)
16 斎藤康平 (3)
17 浅岡高志 (2)
18 石塚健丸 (2)
19 稲垣賢  (2)
20 椿山恭平 (2)
 ◇千葉(千葉市)
 キャッチャー中島が2年生エースの愛木をもり立てる。1番から9番まで全員が50メートル走6秒台で、足やバントを絡め効率よく加点する。3回戦以上を目指す。
監督 嶋田政昭
 1 愛木健人 (2)
 2 中島修弥 (3)
 3 大竹啓介 (3)
 4 佐藤健太郎(3)
 5 山田良太 (3)
 6○三橋学  (3)
 7 角井勇哉 (3)
 8 辻大士  (3)
 9 吉岡知昭 (3)
10 西宮甫  (3)
11 渡辺淳  (3)
12 斎藤大地 (3)
13 高田大貴 (3)
14 河内山宰 (3)
15 林知樹  (3)
16 須藤友明 (3)
17 石塚晃輔 (3)
 ◇市千葉(千葉市)
 エースの菅野は緩急を使い分けたテンポのいい投球が持ち味で、防御率0・95を誇る。攻撃陣は3番の小泉、4番の加藤が高打率で、上位進出を狙う。
監督 鈴木博史
 1 菅野歩 (3)
 2 加藤拓也(3) 
 3 小泉孝之(3)
 4 松本司郎(3)
 5 岡本泰輔(3)
 6 栗原雄大(3)
 7 丹治直映(3)
 8○伊藤翔 (3)
 9 中川卓哉(3)
10 北野裕介(2)
11 田中大樹(2)
12 志摩洋介(2)
13 今西英貴(2)
14 米本俊一(2)
15 井村倫章(2)
16 南野宏夢(2)
17 藤懸大祐(2)
18 松山晋 (2)
19 山田佳史(2)
20 中本哲夫(2)
 ◇千葉北(千葉市)
 カーブ、フォーク、スライダーと多彩な変化球を持つ竹島は、打率も4割を超え、投打の要。守備範囲の広いセンターの鈴木を中心とした守りは堅実だ。
監督 千葉克司
 1 竹島健作 (3)
 2 奥慶介  (3)
 3 宮内敬之 (3)
 4 大三川卓哉(2)
 5 野村拓未 (2)
 6○渡辺剛  (3)
 7 飯田昌宏 (3)
 8 鈴木寛明 (3)
 9 志鳥達也 (2)
10 岩井拡  (2)
11 杉山将太 (2)
12 寺前翔太 (2)
13 矢部亮介 (2)
14 新宅哲也 (2)
15 中山光  (2)
16 花田慎平 (2)
17 佐藤宰  (2)
18 上阪直紀 (2)
19 倉持潤  (2)
20 杉山航太 (2)
 ◇千葉経大付(千葉市)◎
 春の準優勝校。最速140キロのエースの松本は防御率1・15。チーム打率は3割6分8厘、失策は1試合平均0・9個とすきがない。目指すは優勝のみ。
監督 松本吉啓
 1 松本啓二朗(3)
 2 坪井悠亮 (3)
 3 和田純一郎(3)
 4 平野雄太 (3)
 5 滝沢義康 (3)
 6○井原努  (3)
 7 川上貴裕 (3)
 8 井上雄介 (3)
 9 細田清太郎(3)
10 座間翔  (3)
11 笠松剛  (3)
12 坂野達郎 (1)
13 大矢浩之 (3)
14 鈴木陽輔 (3)
15 池田竜将 (3)
16 斎藤祐樹 (3)
17 加藤健太 (2)
18 香取佑太郎(3)
19 福原巧太 (3)
20 居舘竜宏 (3)
 ◇千葉工(千葉市)
 笠原はスライダーが切れ、スタミナもある。攻撃は打率4割2分の森や8本塁打の宮崎が軸。全力疾走やグラウンド整備などのマナーも「千葉一」を目指す。
監督 小川誠
 1 笠原佑一郎(3)
 2 田島慎也 (2)
 3 森隆将  (3)
 4 佐々木康博(2)
 5 北山裕大 (1)
 6 冨秋育図 (1)
 7○宮内諒  (3)
 8 宮崎将人 (2)
 9 高山孝寛 (3)
10 梶原三智親(1)
11 足立光謙 (3)
12 中村康太郎(3)
13 佐々木亮太(3)
14 永岡翔太 (3)
15 新留彰浩 (3)
16 石川拓也 (3)
17 田中健二 (2)
18 寺沢優希 (1)
19 斉藤翼  (1)
20 早野威馬雄(1)
 ◇千葉商(千葉市)
 サード田口を中心とした堅実な守備で、1試合平均失策数は2・9個に抑えた。主将で3番の池田は18本塁打で打率は5割近い。俊足の溝部を生かしたい。
監督 飯島孝則
 1 渡辺拡平 (2)
 2 岡部拓也 (2)
 3 滑川正行 (3)
 4 野口純一 (2)
 5 田口慶伍 (2)
 6 溝部達司 (2)
 7 中塚純太 (3)
 8 加藤経一 (2)
 9○池田潤哉 (3)
10 山本裕司 (3)
11 藤代英明 (3)
12 原翔   (2)
13 保戸田克樹(2)
14 江沢裕一 (2)
15 相馬佑気 (2)
16 坂上祥次 (2)
17 藤崎達也 (2)
18 畑中一輝 (2)
19 上原敏彦 (3)
20 斎藤巧  (1)(毎日新聞)

※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
 ◇千葉西(千葉市)
 速球が武器のエース夏秋を、好守、強肩のキャッチャー安西隆が支える。長打はないが、打率3割台が5人とチャンスメーカーは多い。初戦突破が目標。
監督 愛甲雅彦
 1 夏秋健司 (2)
 2 安西隆史 (3)
 3 安西裕哉 (3)
 4 鵜沢翔平 (2)
 5 松田亮介 (2)
 6○吉川督生 (3)
 7 進藤誠  (3)
 8 荻生大輝 (2)
 9 中島拓也 (3)
10 伊藤寛人 (2)
11 佐々木勝 (2)
12 長尾旭  (2)
13 高橋龍司 (2)
14 鑓分亮次 (2)
15 高野俊明 (2)
16 朝比奈英朋(2)
17 小出邦彦 (1)
18 齋藤和樹 (1)
19 石井浩平 (1)
20 小高今日太(1)
 ◇千葉東(千葉市)
 鋭いカーブが持ち味の左腕堀井は、ピンチにも動じない。チーム打率は3割を超え、1試合平均得点は8・3点。守備を確実にこなし、まずは1勝を目指す。
監督 藤田勝美
 1 堀井崇伊(3)
 2 大木亮 (3)
 3 羽田野高(3)
 4 保科勇斗(3)
 5○樫村悠平(3)
 6 佐藤祐輝(3)
 7 永井隆博(2)
 8 沼尻俊吾(3)
 9 五木靖章(3)
10 橋本修平(3)
11 西郡良平(2)
12 代田良介(2)
13 桑島秋彦(3)
14 上野慶紀(3)
15 麻生篤志(3)
16 兵頭勇也(2)
17 松本啓 (3)
18 高沢祐輝(3)
19 米満優太(3)
20 鈴木達朗(3)
 ◇千葉南(千葉市)
 高打率の菅谷、加藤、長打力のある笹原、鈴木雄ら打撃陣が好調。レギュラー5人が2年生だが、いずれも昨年からベンチ入りした。3回戦以上に進みたい。
監督 藤森歩
 1 嵐健太  (3)
 2 笹原聡高 (2)
 3 加藤泰慶 (3)
 4○安藤大輔 (3)
 5 猪野彰  (2)
 6 渕辺卓也 (2)
 7 鈴木雄太 (2)
 8 菅谷剛志 (2)
 9 府川峻  (3)
10 大塚弘己 (3)
11 福谷壮太 (2)
12 本橋大輔 (3)
13 田中俊也 (3)
14 日色功臣 (3)
15 高梨陽  (3)
16 関谷裕太 (2)
17 福山高広 (3)
18 滝沢隆介 (3)
19 長嶋友己 (3)
20 垣谷晋太郎(3)(毎日新聞)

◇千葉明徳(千葉市)
 エース河野以外にも宮田、田中、古木と投手陣が豊富。いずれも5本塁打の永田、大川だけに頼らず、バントを絡めた粘り強い攻撃が身上だ。
監督 宮内一成
 1 宮田一輝 (2)
 2 大川亮  (3)
 3 永田譲  (3)
 4 小林祐也 (2)
 5 河野雅志 (3)
 6 門井裕貴 (3)
 7 田中雄己 (2)
 8 多田宏祥 (3)
 9○鈴木徹  (3)
10 津田康平 (2)
11 野口竜也 (2)
12 北村博継 (2)
13 渡辺亮太 (2)
14 古木亮  (2)
15 大野豊  (2)
16 成田潤一 (2)
17 岩瀬卓也 (2)
18 佐藤直人 (2)
19 北野達也 (2)
20 中村勇介 (2)
 ◇土気(千葉市)
 打率5割7分8厘の1番の新宮を、バントで確実に進塁させるのが攻撃パターン。エースで4番の向井は試合経験が豊富だ。全員野球でベスト16を目指す。
監督 鶴岡政彦
 1 向井優太 (3)
 2○山本貴志 (3)
 3 近江利宗 (3)
 4 新宮敏弘 (3)
 5 今関善貴 (3)
 6 磯野弘幸 (3)
 7 山本道彦 (3)
 8 前田悟  (3)
 9 叶谷健太 (2)
10 吾妻武  (2)
11 灰野遼  (2)
12 鵜沢秀記 (2)
13 富田隼人 (2)
14 岡本京太 (2)
15 花沢健太 (2)
16 高橋諒自 (2)
17 小川桂佑 (1)
18 阿保雄太 (1)
19 寺内裕光 (1)
20 大木雄斗 (1)
 ◇幕張総合(千葉市)
 エースの山口は制球力がついてきた。チーム打率は2割台だが、バントやエンドランなどチームバッティングが得意だ。6本塁打の西川の長打にも期待。
監督 神浩幸
 1 山口祐輝 (3)
 2 荒井淳平 (3)
 3 高橋謙仁 (2)
 4 相葉弘章 (3)
 5 七戸猛洋 (2)
 6○西川健太 (3)
 7 斎藤諒平 (3)
 8 千葉貴大 (3)
 9 山賀翔太 (2)
10 及川拓人 (3)
11 佐瀬夢人 (3)
12 坂田陽介 (3)
13 大越忠蔵 (2)
14 遠藤立也 (2)
15 松浦雄斗 (2)
16 五味建人 (2)
17 江口悦正 (2)
18 岩崎礼斗 (2)
19 酒主義久 (2)
20 神健一郎 (1)
 ◇明聖(千葉市)
 公式戦初勝利が目標。1番の高橋の足や、東、白石の長打力を生かした攻撃パターンは多彩。エース江原はチーム唯一の3年生で精神的な柱。
監督 手島慎一郎
 1 江原由樹 (3)
 2 白石善彬 (2)
 3 中村誠  (2)
 4 高橋伸弘 (2)
 5 松尾彰大 (1)
 6 乃美雄飛 (2)
 7 東洋孝  (1)
 8○山崎耕平 (2)
 9 藤代達也 (2)
10 西谷幸夫 (2)
11 小高敬久 (1)
12 田中大樹 (1)
 ◇若松(千葉市)
 チーム打率は2割6分9厘だが、1試合平均得点は5・9点と集中打で点を重ねてきた。エースの守屋は落ち着きが出てきた。
監督 田口富一
 1 守屋淳  (3)
 2○伊東竜  (3)
 3 杉田守  (3)
 4 神子雄司 (3)
 5 菊池翔太 (2)
 6 町慎太郎 (3)
 7 実川恵大 (2)
 8 敷田勇志 (3)
 9 小野昌伸 (3)
10 岩永和樹 (3)
11 大網貴安 (3)
12 福士和希 (3)
13 加瀬康司 (3)
14 菅沢倫良 (3)
15 地引大輔 (3)
16 式田諒  (2)
17 肥後亮平 (2)
18 行川将基 (2)
19 和賀一樹 (2)
20 三谷将吾 (2)
 ◇鎌ケ谷(鎌ケ谷市)
 エース鶴田ら計6人をそろえた投手陣は75試合中8試合を完封した。外野陣はいずれも守備範囲が広い。1番石田、2番植木の出塁からつなげる攻撃が特徴。
監督 福田匡志
 1 鶴田翔平 (3)
 2 中島豪太 (3)
 3 福嶋俊介 (3)
 4 友納浩次 (3)
 5 菅沼和宏 (3)
 6 横地雄也 (3)
 7 鈴木徹也 (3)
 8 植木俊晴 (3)
 9○石田義彬 (3)
10 森山慎也 (3)
11 白波瀬健三(3)
12 小杉耕太 (2)
13 鈴木利久郎(2)
14 寺山裕輔 (3)
15 秋山雄太 (3)
16 徳田憲一 (2)
17 渡辺考輝 (2)
18 伊藤将志 (2)
19 酒井裕輝 (2)
20 橿村豪紀 (3)
 ◇鎌ケ谷西(鎌ケ谷市)
 左腕の宇田はカーブが決め球。攻撃の軸の4番高橋は打率3割5分で、一発もある。レギュラー9人中8人は昨年もベンチ入りし、試合経験は豊富だ。
監督 高田茂雄
 1○宇田貴士 (3)
 2 阿部祐二 (2)
 3 高橋雄介 (3)
 4 田中康貴 (3)
 5 橋場竜哉 (3)
 6 栗山直城 (3)
 7 武田泰尚 (3)
 8 角田亮介 (3)
 9 小島章太 (3)
10 鈴木佑輔 (3)
11 渡辺純也 (2)
12 石合克次 (3)
13 清水直人 (2)
14 古田太郎 (2)
15 木下大輔 (2)
16 工藤友基 (2)
17 小宮猛章 (2)
18 金城隆之 (2)
19 大野俊介 (2)
20 中山崇理 (3)
 ◇学館総合(船橋市)
 長打は少ないがチーム打率3割2分を誇る攻撃陣を、1番臼井と主将で4番の天神が引っ張る。エース星野は136キロのストレートとスライダーが武器。
監督 黒川敏行
 1 星野勝  (2)
 2 森野輝久 (3)
 3 冨沢元樹 (2)
 4 臼井康平 (3)
 5 福島塁  (3)
 6○天神史晶 (3)
 7 増田良平 (3)
 8 冨崎彰人 (2)
 9 井上寛  (3)
10 大沢速土 (3)
11 御園賢  (1)
12 高山友季 (2)
13 原田勇治 (3)
14 布施仁  (1)
15 野本周平 (3)
16 吉村陽太 (2)
17 大屋慶祐 (3)
18 藤崎佑  (1)
19 松会康介 (3)
20 後藤侑也 (3)
 ◇千葉日大一(船橋市)
 エースで4番の吉岡がチームの大黒柱だ。ストレートは最速146キロを記録。チーム勝率は8割近く、2回戦で姿を消した春の大会の雪辱を期す。
監督 稗田徹
 1 吉岡興志 (3)
 2 野田昌宏 (3)
 3○三宅孝典 (3)
 4 白井一暁 (2)
 5 石田翼  (3)
 6 磯貝浩徳 (3)
 7 遠藤岳也 (2)
 8 渡辺素規 (2)
 9 田中大樹 (2)
10 土屋智明 (3)
11 八坂裕二郎(3)
12 押見卓哉 (2)
13 菅沢康之 (3)
14 山岸融  (3)
15 吉沢貴博 (1)
16 小波津陽太(1)
17 箕浦啓太 (2)
18 豆井亮介 (2)
19 堀江伸彦 (2)
20 川上達也 (3)
 ◇津田沼(習志野市)
 水野、舛巴、竹内のクリーンナップはいずれも打率3割を超える。エース蜂谷は変化球中心のピッチング。ユニフォーム変更で心機一転、ベスト8を目指す。
監督 奥村武広
 1○蜂谷孝幸 (3)
 2 舛巴佑輔 (3)
 3 水野健太郎(2)
 4 藤巻健  (3)
 5 岩端正樹 (3)
 6 豊島仁彦 (2)
 7 竹内敬祐 (3)
 8 渡辺英貴 (3)
 9 中沢直誠 (2)
10 泉喜之  (3)
11 菊地哲平 (2)
12 山本和真 (1)
13 山口晴丘 (1)
14 細田淳郎 (1)
15 遠藤幹也 (1)
16 上田竜一 (1)
17 今井隆滋 (1)
18 木村康宏 (1)
19 小沼勢也 (1)
20 鈴木亮  (1)
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇東邦大付(習志野市)
 スライダーが決め球のエースの片は制球が良く、安定感がある。俊足の1番相沢が出塁し、長打力のある主将で4番の小林までつなげる攻撃を展開したい。
監督 海老原孝
 1 片佑樹  (3)
 2○小林脩平 (3)
 3 高橋祐一朗(3)
 4 福田浩士 (3)
 5 中村怜一郎(3)
 6 伊東孝之 (2)
 7 白沢豊  (3)
 8 相沢望  (3)
 9 矢野裕太郎(3)
10 福田英利 (3)
11 関真   (3)
12 池田成司 (3)
13 西川雄祐 (2)
14 阿部大志郎(2)
15 山口諒  (2)
16 飯塚俊  (2)
17 西村紘一 (2)
18 山上展宜 (2)
19 渡辺惇  (2)
20 富島卓也 (2)
 ◇習志野(習志野市)
 75年夏に全国制覇した当時のメンバーの2世が多い。エース下はスライダーが武器。攻撃陣は長打力の平岡、巧打の金子ら役者ぞろい。古豪復活を目指す。
監督 椎名勝
 1 下広志  (3)
 2 吉田正樹 (3)
 3 森和樹  (3)
 4○高下輝吉 (3)
 5 森野昭吾 (2)
 6 平岡万和 (3)
 7 宮内一樹 (3)
 8 高橋章太郎(3)
 9 金子司  (3)
10 福田匠見 (3)
11 醍醐和則 (3)
12 北村望  (2)
13 小金貴俊 (3)
14 松本真悟 (2)
15 西剛男  (3)
16 吉川博孝 (3)
17 藤代拓磨 (3)
18 成田史典 (3)
19 松本祐  (3)
20 福田勇太朗(3)
 ◇日大習志野(船橋市)
 横投げのエース加藤に加え、石野田、太和田と投手陣は豊富。キャッチャー諏訪、ライト鯉谷、セカンド岡西らが好守を見せ、守備陣のチームワークは最高。
監督 五味好美
 1 加藤泰輝 (3)
 2 諏訪祐司 (3)
 3○洞口幹  (3)
 4 岡西洋祐 (3)
 5 浅利章太 (3)
 6 伊藤慎吾 (3)
 7 大井芳仁 (3)
 8 羽成聖治 (3)
 9 鯉谷光  (3)
10 笠川達広 (3)
11 石野田将 (3)
12 市村和彦 (3)
13 志真健太郎(3)
14 阿部豊  (3)
15 太和田翔 (3)
16 松尾将志 (2)
17 中野将史 (2)
18 伊東大樹 (2)
19 栗原直之 (2)
20 堀井哲史 (2)
 ◇船橋(船橋市)
 打率3割前後のバッター9人をそろえた打線に切れ目はない。4番赤塚、5番大槻を軸に確実につなぐ攻撃で点を稼ぐ。4年前のベスト8以上を目指す。
監督 稲見賢吾
 1 石井真人 (3)
 2 鈴木健太 (3)
 3 大槻翔太 (3)
 4 東風春一郎(3)
 5 木平崇之 (3)
 6○宗大祐  (3)
 7 山口雄大 (3)
 8 山根崇史 (3)
 9 赤塚真央 (3)
10 宇田川晋平(2)
11 斎藤郁也 (2)
12 田中洋  (3)
13 小沢貴史 (3)
14 吉敷輝  (2)
15 伊藤翔平 (2)
16 松本理隆 (2)
17 池田崇人 (3)
18 染谷翔  (3)
19 加藤文英 (3)
20 斉木大  (3)
 ◇市船橋(船橋市)△
 昨夏のベスト4以上が目標。球速140キロを超える渡辺ら投手陣は、44試合で与四死球16個と抜群の安定感。チーム打率3割を超える打線は俊足ぞろいだ。
 監督 石井忠道
 1 渡辺知剛 (3)
 2○赤沼隼  (3)
 3 山崎真孝 (3)
 4 家口智行 (3)
 5 細川公平 (3)
 6 中野敬斗 (3)
 7 糸井学  (3)
 8 筑井祥  (3)
 9 向後泰理 (3)
10 山田哲矢 (2)
11 鈴木一史 (3)
12 河田憲二 (3)
13 石井優  (3)
14 木南旬幾 (2)
15 高瀬康宏 (2)
16 高橋佑侍 (3)
17 林鉄平  (2)
18 鈴木慶佑 (3)
19 渡辺直哉 (3)
20 坪居修司 (2)
 ◇船橋旭(船橋市)
 1番田路、2番秋山は4割近い打率で、チャンスに強い4番野部につなぐ。エース岡村はシンカーを武器に防御率2・15と安定感。全員野球で上位を目指す。
監督 稲村正美
 1 岡村充  (3)
 2 高木俊  (2)
 3 渡部典之 (3)
 4 野部料一 (3)
 5 竹之内昌太(1)
 6 風見一郎 (3)
 7 秋山直久 (3)
 8○田路勇介 (3)
 9 由井辰徳 (2)
10 東山貴裕 (1)
11 高梨健太 (1)
12 北村圭輔 (2)
13 芝本優作 (2)
14 伊藤新  (1)
15 宮田恭兵 (1)
16 斉藤圭輔 (1)
17 高正大輔 (1)
18 岩淵康昇 (2)
19 近藤雄仁 (1)
 ◇船橋北(船橋市)
 左腕のエース長嶋は得意のカーブで抑えたい。投手は計4人で、2回戦で終わった昨年夏より充実。4本塁打の3番高橋翔、6本塁打の4番小菅が攻撃の軸。
監督 柳沢英二
 1 長嶋直之 (2)
 2 薄葉和洋 (3)
 3 小野尾卓也(3)
 4 高橋恭平 (3)
 5 佐々木裕太(3)
 6 菊地英樹 (3)
 7 小菅豊  (2)
 8 高橋翔太 (2)
 9 岡崎昭仁 (2)
10○阿部智彦 (3)
11 柴崎光治 (3)
12 塚原康平 (3)
13 鈴木康洋 (3)
14 高橋哲平 (3)
15 豊田竜也 (3)
16 加藤諒  (2)
17 石橋幸一 (2)
18 馬上優志 (2)
19 大釜広路 (2)
20 森谷裕一 (2)
 ◇船橋古和釜(船橋市)
 エースで3番の神田と、主将で4番の畠山は一発もある。センター松井を中心に確実に守って試合のリズムを作り、14人の部員全員で初戦突破を目指す。
監督 村上元一
 1 神田猛  (3)
 2○畠山貴裕 (3)
 3 西谷将悟 (3)
 4 三橋貴大 (3)
 5 三上尚紀 (2)
 6 小野寺務 (3)
 7 度会真琴 (2)
 8 松井健太 (3)
 9 大野和博 (1)
10 今村大輔 (3)
11 稲垣芳治 (1)
12 加藤弘侑 (1)
13 平野光昭 (1)
14 大崎真生 (1)
 ◇船橋芝山(船橋市)
 坂道ダッシュで足腰を鍛えてきた。2番木村は、チーム盗塁数の2割以上を稼ぐチャンスメーカー。エース吾郷はカーブ、スライダーを使い分ける技巧派だ。
監督 加瀬弘明
 1 箕輪拓真 (2)
 2 山本広暢 (2)
 3 栗塚大貴 (2)
 4○鈴木光紀 (3)
 5 原田拓  (2)
 6 青野聡太 (3)
 7 吾郷圭  (3)
 8 木村祥宏 (3)
 9 青山翔  (2)
10 豊田裕太郎(2)
11 伊藤綾太 (2)
12 薗田努  (2)
13 唐鎌良  (2)
14 田村征士 (2)
15 田原雄平 (2)
16 永井大樹 (2)
17 島村信慧 (2)
18 江尻真吾 (2)
19 前原佑輔 (2)
20 新貝夏樹 (2)
 ◇船橋豊富(船橋市)
 3番石川、7番越川は50メートル走6秒台前半の俊足でもある。4番根本の一発にも期待。阿部は直球中心の本格派で、1年からマウンドに上がり経験が豊富だ。
監督 関口徳二
 1 阿部翔吾 (3)
 2 根本奨悟 (2)
 3 石井克和 (3)
 4 河野啓祐 (2)
 5 武石和也 (2)
 6 砂押俊樹 (2)
 7 越川剛  (3)
 8○石川裕一 (3)
 9 伊東達也 (3)
10 小林政憲 (2)
11 竹林宏  (2)
12 山崎純  (2)
13 菅原英人 (2)
14 石井萌留 (2)
15 高橋輝  (2)
16 篠塚拓  (1)
17 米津裕貴 (1)
18 中下晴喜 (1)
19 向山真弥 (1)
20 中山遼  (1)
 ◇船橋西(船橋市)
 1試合平均失策数1・2個の好守で試合のリズムを作る。攻撃は長打もある宍倉や3割打者の川口まで、成功率の高いバントでつなぐ。初戦突破を目指す。
監督 吉川勝幸
 1 小泉達也 (3)
 2 中村匡志 (2)
 3 佐藤弘一 (2)
 4 飯塚祐介 (3)
 5 宍倉優介 (3)
 6○井上裕之 (3)
 7 坂入直樹 (3)
 8 石井亮一 (3)
 9 川口亮雅 (3)
10 古川佑樹 (3)
11 矢作透  (3)
12 福田陽介 (3)
13 秋山大介 (3)
14 中島光  (2)
15 清水祐貴 (1)
16 佐川拓也 (1)
17 佐藤克也 (1)
18 田沼博久 (2)
19 斎藤晃央 (2)
20 古田勇人 (2)
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇船橋東(船橋市)
 クリーンアップの姫野、田中、佐藤は打率3割台後半。多彩な球種を持つ左腕のエース傳田は、スタミナもある。昨年夏の3回戦以上も可能だ。
監督 中村裕之
 1 傳田秀樹 (3)
 2○岡本広大 (3)
 3 田中孝志 (3)
 4 江森敬太 (3)
 5 佐藤康  (3)
 6 内田和宏 (3)
 7 小川崇  (3)
 8 松原淳  (3)
 9 姫野剛  (3)
10 内本純司 (3)
11 増冨裕文 (2)
12 来栖昌和 (3)
13 大野武志 (3)
14 中村亮太 (3)
15 小平卓  (3)
16 加藤大忠 (3)
17 助村浩太郎(3)
18 田代直人 (3)
19 前島進冴 (3)
20 橋本一弘 (3)
 ◇船橋二和(船橋市)
 4番後藤を中心に、5人の3割バッターが並ぶ。3番のショート大塚は、リリーフ投手もこなす万能選手だ。昨年からマウンドに上がる竪は実戦経験が豊富。
監督 増子志津雄
 1 竪隼人  (3)
 2○後藤隼己 (3)
 3 出雲友輔 (2)
 4 内田翼  (2)
 5 山岸孝幸 (2)
 6 大塚康裕 (3)
 7 片野義寛 (2)
 8 本吉史尚 (2)
 9 鈴木悠介 (3)
10 横川周平 (3)
11 石井貴大 (3)
12 石川智章 (2)
13 金井大気 (2)
 ◇船橋法典(船橋市)
 1番中山はチーム盗塁数18個のうち15個を占めるチャンスメーカー。投手は3人で、多彩な変化球のエース椎橋、制球力のある中山、小村のリリーフ陣。
監督 増田雄二
 1 椎橋隆史 (2)
 2○堀籠朗総 (2)
 3 沢辺吉昭 (1)
 4 西川英太 (2)
 5 小村祐太 (2)
 6 中山潤一 (2)
 7 今枝成人 (1)
 8 斉藤大輝 (1)
 9 林清人  (3)
 ◇実籾(習志野市)
 主将の北村は選手宣誓を務める。シンカーが決め球のエース小森の後には、永田、石井が控える。レギュラー全員が50メートル走6秒台の機動力を発揮したい。
監督 吉沢律雄
 1 小森敬洋 (3)
 2○北村裕一 (3)
 3 石井慎吾 (3)
 4 太田直宏 (2)
 5 永田雄二 (3)
 6 曽我部高詩(2)
 7 石毛達也 (2)
 8 加藤良紀 (3)
 9 小林達也 (2)
10 渡辺拓真 (2)
11 秋山佑  (2)
12 中台拓輝 (3)
13 金子竜太 (1)
14 石津将  (1)
15 和田学  (1)
16 小野敦史 (1)
17 山中直登 (1)
18 松岡直希 (1)
19 淡路祥太 (1)
20 内山陽介 (1)
 ◇薬園台(船橋市)
 レギュラー全員が昨年のベンチ入りメンバーの経験豊富なチーム。投手陣はエース森ら3人で、俊足のセンター斎藤を中心とした守備陣が支える。
監督 新国修
 1 森浩太郎 (3)
 2 山口貴志 (3)
 3○広瀬知生 (3)
 4 畠俊裕  (3)
 5 宮田淳  (3)
 6 林裕之  (3)
 7 菊地泰則 (3)
 8 斎藤衛  (3)
 9 村山健人 (3)
10 成田裕太 (3)
11 岩井信行 (3)
12 田中佑樹 (2)
13 渡辺智之 (2)
14 井上陽介 (3)
15 白石貴如 (2)
16 鈴木大知 (3)
17 小井土洋樹(2)
18 川崎翔太 (2)
19 小沢義雄 (2)
20 関文弥  (1)
 ◇市川(市川市)
 4番田中は5割近い打率に、38試合で26本塁打の強打者だ。レギュラー6人が2年生の若いチームで、打線が調子に乗れば上位進出も可能だ。
監督 渡辺晃
 1 伊藤太一 (2)
 2 野田拓  (2)
 3 斉藤佑介 (2)
 4 黒川佳祐 (2)
 5 半田庄司 (3)
 6 渋谷拓朗 (3)
 7○田中壮  (3)
 8 橋本将吾 (2)
 9 加藤雄司 (2)
10 井上雄太郎(3)
11 小野里裕之(2)
12 西塚司  (2)
13 川内俊  (2)
14 歌津直希 (2)
15 簑田清文 (2)
16 芝亮行  (1)
17 森健登  (1)
18 日高拓朗 (1)
19 長谷川哲也(1)
20 岡部達夫 (1)
 ◇市川北(市川市)
 エース佐藤はスライダーを武器に粘り強い投球をする。バントや盗塁を絡めて、3番佐々木、4番安田につなげたい。「全力プレー」がモットー。
監督 田口康彦
 1○佐藤達哉 (3)
 2 安武孝哉 (2)
 3 佐々木正幸(3)
 4 安田健志郎(3)
 5 新関智也 (2)
 6 栗原崇通 (2)
 7 岡野翔太郎(3)
 8 原田将人 (2)
 9 城谷友保 (2)
10 落合亮  (1)
11 勝見孝弘 (1)
12 佐伯和貴 (1)
13 栗山和隆 (1)
14 野口知宏 (1)
15 伊藤誠  (1)
16 栗山太陽 (1)
17 大高健太 (1)
18 西川文崇 (1)
19 渡辺啓晃 (1)
 ◇市川工(市川市)
 エース岡崎はひざの故障と右手中指骨折を乗り越え、精神的に強くなった。10本塁打の4番勝の他、3割バッターの3番谷や6番菊池巧も得点に絡む。
監督 佐々木匡士
 1 岡崎忍  (3)
 2 勝亮輔  (3)
 3 谷大介  (3)
 4 斎藤恒夫 (2)
 5 菊池巧  (2)
 6 小牧拓郎 (3)
 7 大野喬史 (3)
 8○菊池俊彦 (3)
 9 原佑介  (3)
10 石井一徳 (2)
11 矢野雄悟 (1)
12 後関博光 (1)
13 菅原竜志 (2)
14 菅股篤  (2)
15 今井貴文 (1)
16 岡田平  (1)
17 富永祐太 (3)
18 大越成純 (2)
19 勝井謙次 (2)
20 西村光司 (1)
 ◇市川西(市川市)△
 レギュラー6人が1年生の若いチーム。1番長井、4番中家を中心としたチーム打率は3割を越す。「シード校の名に恥じない成績」を目指す。
監督 舘野文彦
 1 岩村潤  (2)
 2 前田ひでき(1)
 3 中家昇吾 (2)
 4 油谷圭治 (1)
 5 篠塚友介 (1)
 6 高橋洸庸 (1)
 7 紅林慶昭 (1)
 8 細嶋耕平 (1)
 9○長井博彰 (3)
10 加納良平 (1)
11 鈴木優  (1)
12 宍戸暁  (3)
13 遠藤保人 (3)
14 橋本毅  (2)
15 大久保辰彦(2)
16 中村晃一朗(2)
17 宍戸祐介 (2)
18 永井睦  (2)
19 大塚一樹 (2)
20 中野弘太 (2)
 ◇市川東(市川市)
 50メートル走6秒で俊足の1番栗山ら、3割バッターは5人。エース佐藤正の防御率は1・98と安定感がある。昨年夏の大会経験者が7人いるのも強み。
監督 伊藤隆
 1 佐藤正樹 (3)
 2 斉木健太 (3)
 3 福元心悟 (3)
 4○高橋賢次 (3)
 5 藤本孝広 (3)
 6 鴨志田遼平(3)
 7 坪野谷文央(3)
 8 栗山隆行 (3)
 9 斎藤雄次 (3)
10 高橋英嗣 (3)
11 松丸知生 (3)
12 阿部修史 (2)
13 佐藤洵  (2)
14 坂本亮  (2)
15 佐々木宏介(2)
16 福場貴志 (2)
17 川口雅弘 (2)
18 稲葉一  (2)
19 小形真一 (2)
20 泉川亮  (1)
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇市川南(市川市)
監督 柴田仁史
 1 坂本学  (3)
 2 藤井一樹 (2)
 3 佐藤崇  (3)
 4 判沢将  (3)
 5 岩永健児 (3)
 6 平尾辰徳 (3)
 7 細野祐介 (3)
 8○高村英佑 (3)
 9 奥原主将 (3)
10 上野誠  (2)
11 織内望  (2)
12 八十河雄一(2)
13 藤原寿夫 (2)
14 川崎嘉之 (2)
15 石井一喜 (2)
16 遠藤譲  (2)
17 北尾一将 (2)
18 島ノ江健司(2)
19 関淳一  (1)
20 万田元気 (1)
エース坂本は最速140キロのストレートに加え、変化球も多彩。岩永、判沢、織内とリリーフ陣も充実。攻撃陣は打率3割以上が7人もおり、ベスト4が目標。
 ◇浦安(浦安市)
監督 大塚知久
 1 小川善行 (1)
 2 楠勇人  (1)
 3 佐々木温央(1)
 4 岩戸浩太 (3)
 5 岩瀬亮介 (1)
 6 落合良介 (1)
 7 田中キーレン(1)
 8○吉野修通 (3)
 9 佐久間将太(1)
10 岩下知亮 (2)
11 只石健治 (1)
12 池上祐太郎(1)
13 菊地雄一 (1)
14 河田和昌 (1)
15 島田竜児 (1)
2月まで、3年生で主将の吉野は1人で練習を続けてきた。もう1人の3年生はセカンド岩戸。1年生が7人で、「3年生の思い出に残る試合」が目標。
 ◇浦安南(浦安市)
監督 重藤融
 1○田中実  (3)
 2 浅野仁  (3)
 3 エフマッドシブリ(1)
 4 本宮文明 (1)
 5 松本圭佑 (1)
 6 福田久志 (3)
 7 井坂暢志 (1)
 8 柴田勝人 (1)
 9 水沢誠  (3)
10 原雄一郎 (2)
11 宇都儀  (1)
12 林佑樹  (1)
左腕のエース田中が主将。強い精神力でチームをもり立てる。1番福田は打率3割を越す。コツコツつないで加点していくのが攻撃のスタイル。
 ◇行徳(市川市)
監督 長谷川昌徳
 1 伊藤拓也 (3)
 2○舩山進  (3)
 3 井筒弘貴 (2)
 4 大槻翔太 (3)
 5 矢守裕介 (2)
 6 及川泰延 (3)
 7 片桐健太 (2)
 8 及川直昭 (2)
 9 山本雅斗 (2)
10 小山田大介(2)
11 山崎篤紀 (2)
12 鈴木喜仁 (2)
13 平野将  (2)
14 前田淳哉 (1)
15 安達勇希 (1)
16 山下隼人 (1)
17 深津裕  (1)
18 丸山俊輔 (1)
19 鳥井一哉 (1)
20 木部吉将 (1)
レギュラー全員が昨年からのベンチ入りメンバーで経験は豊富。打率4割を超え、74試合で63盗塁の俊足の1番及川泰がキーマン。4回戦進出が目標。
 ◇国府台(市川市)
監督 須見孝
 1 風間洋祐 (2)
 2 宮崎智弘 (1)
 3○牛木崇之 (3)
 4 本木裕一 (2)
 5 田崎洋平 (1)
 6 緑川武郎 (1)
 7 渡部純  (2)
 8 松下佳弘 (2)
 9 渡辺明  (1)
10 牧野純平 (1)
11 加瀬真斗 (1)
12 谷川昇司 (1)
13 高橋昭太 (1)
打線は4番渡部、5番牛木を軸に1試合平均7得点をたたき出す。エース風間はシンカーが決め球。堅守のショート緑川が守備の要。2回戦以上を目指す。
 ◇小金(松戸市)
監督 荒井俊郎
 1 土屋卓  (3)
 2○嶋根清隆 (3)
 3 高畑翔一 (3)
 4 鴇崎魚彦 (2)
 5 杉原拓光 (3)
 6 南場崇志 (3)
 7 橋本光弘 (3)
 8 上條達也 (2)
 9 澤田勝広 (3)
10 木下友晴 (2)
11 田中邦武 (2)
12 大島裕樹 (2)
13 大友俊也 (2)
14 竹岡優樹 (1)
15 長谷川達也(1)
16 安田裕則 (1)
17 山川純平 (1)
18 江口健  (1)
19 村川敦  (1)
20 渕上正彬 (1)
46盗塁を決めている5番上條をはじめ、攻撃陣は機動力もある。1試合平均の与四死球数は5・7個で、3人の投手陣の制球力が試合のカギを握る。
 ◇国分(市川市)
監督 河田弘憲
 1 山北大治 (2)
 2 中嶋学  (2)
 3 高田健二 (3)
 4 市川卓  (2)
 5 篠原裕希 (3)
 6 永井康雄 (3)
 7 石出竜平 (3)
 8 信田健志 (3)
 9 湯浅瑛介 (2)
10 鈴木圭太 (3)
11 妹尾将吾 (3)
12○赤堀尚貴 (3)
13 工藤雄太 (3)
14 千葉奏之介(3)
15 上野翔伍 (3)
16 下田篤  (3)
17 郷翔太  (2)
18 原一樹  (2)
19 工藤大輔 (2)
20 高島知哉 (2)
エース山北は3種類の変化球が武器。鈴木、妹尾、原、高島と控えのピッチャーもそろった。打率4割2分4厘で俊足の1番信田が攻撃のキーマン。
 ◇専大松戸(松戸市)
監督 早川正博
 1 斗沢勇二 (3)
 2○加瀬将志 (3)
 3 小迫貴弘 (3)
 4 三浦峻  (3)
 5 松島健介 (3)
 6 稲垣拓朗 (2)
 7 渡辺大介 (2)
 8 浅子祐貴 (3)
 9 伊藤隼  (2)
10 平俊介  (3)
11 佳岡竜矢 (3)
12 松本拓也 (3)
13 高橋剛史 (3)
14 三角佑太郎(3)
15 高橋哲也 (1)
16 五十嵐竜太(1)
17 秩父崇裕 (2)
18 佐藤洋平 (2)
19 吉田優輔 (3)
20 今井健太 (2)
左のエース斗沢は防御率1・74と安定しており、右の渡辺、平、左の伊藤と投手陣は豊富だ。4番小迫を軸に打線が切れ目なくつながれば、上位進出も。
 ◇千葉商大付(市川市)○
監督 吉岡邦勉
 1 中山祐太 (3)
 2 初鹿野敬介(2)
 3 関健太郎 (2)
 4 田中宏介 (2)
 5 八木貫太 (2)
 6 井関大輔 (2)
 7○斉藤貴志 (3)
 8 湯浅剛  (2)
 9 淵上優樹 (3)
10 小島竜介 (2)
11 明石絋一 (3)
12 笹川和弥 (2)
13 大野真司 (3)
14 神山祥雄 (2)
15 浅川功祐 (2)
16 宮本卓充 (1)
17 伊関正徳 (2)
18 伊藤陽輔 (1)
19 石崎篤志 (3)
20 中村公一 (3)
14本塁打の3番湯浅、18本塁打の4番斉藤を中心とした打線は3割バッターが7人。エース中山は制球力が良く、球速は130キロ台。優勝争いに絡みたい。
 ◇東海大浦安(浦安市)△
監督 森下倫明
 1 藤原彰彦 (3)
 2 石里夏樹 (2)
 3 三ツ井嘉孝(3)
 4 富永靖浩 (3)
 5 佐藤弘淳 (2)
 6○川島拓海 (3)
 7 木村一勤 (3)
 8 湯本拓見 (3)
 9 成井翔一 (3)
10 川嶋基弘 (3)
11 鈴木洋平 (3)
12 亀崎尚樹 (3)
13 篠原光  (2)
14 深沢理人 (3)
15 石井直樹 (3)
16 伊藤大輔 (3)
17 染谷研次 (3)
18 河野良介 (3)
19 奈良礼基 (3)
20 江原秀哉 (2)
4割打者が4人そろったチーム打率は3割7分7厘、1試合平均7・8点の強力打線。防御率1・74のエース藤原が安定感を発揮すれば上位進出も可能だ。
 ◇学館浦安(浦安市)○
監督 本木幹男
 1 石川裕人 (3)
 2 西山彰  (3)
 3 本木甲子男(3)
 4 宮崎拓也 (3)
 5 金子真之 (3)
 6○川野和彦 (3)
 7 佐久間剛 (3)
 8 羽根川貴大(3)
 9 土屋隆宏 (3)
10 川上国嘉 (3)
11 丸山優  (3)
12 山下大輔 (3)
13 山川幸一郎(3)
14 佐藤豪  (3)
15 深沢悠司 (3)
16 原昌広  (3)
17 安田健太郎(3)
18 毎熊泰樹 (3)
19 渕辺雅樹 (3)
20 伊藤亮  (3)
レギュラー全員が打率3割を超え、何番からでもチャンスを作れる。エース石川はシンカーが決め球。投打のバランスが取れた好チームで、優勝争いも可能。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
(次回は6日に掲載します)(毎日新聞)


◇市松戸(松戸市)
監督 嶌田孝
 1 御園慎也 (3)
 2 小川盾  (2)
 3 倉野雄太 (3)
 4 小川直浩 (3)
 5 後藤和紀 (2)
 6○高島尚樹 (3)
 7 斉藤勇斗 (3)
 8 菊地貴光 (3)
 9 瀬下正雄 (3)
10 松尾尚人 (2)
11 染谷和樹 (2)
12 冨田拓弥 (2)
13 清水周平 (2)
14 黒木聖矢 (2)
15 佐藤将太 (2)
16 玉井祐輔 (2)
17 宮内利浩 (2)
18 坂本弘次郎(2)
19 若狭竜太 (2)
20 伊豆味崇明(2)
一発は少ないが、打率5割近い小川盾を含め3割以上が6人。つながりのある攻撃が持ち味。1試合平均3個の失策を減らせるかがカギ。ベスト8を目指す。
 ◇松戸秋山(松戸市)
監督 稲葉長彦
 1 向山師  (3)
 2○玉置信一 (3)
 3 高橋祐樹 (2)
 4 山田賢司 (2)
 5 益田嵩士 (2)
 6 福原弘明 (3)
 7 堀江翔  (3)
 8 足立祐樹 (2)
 9 矢嶋洋平 (3)
10 飯田竜蔵 (2)
11 大久保竜也(2)
12 桜井祐太 (3)
13 篠塚時裕 (2)
14 矢口純  (2)
15 小野田圭佑(2)
16 萩原徹也 (2)
17 佐々木裕太(2)
18 青木恭太 (2)
4番で主将の玉置は5本塁打の長打力が魅力。エース向山は球速が130キロまで増した。夏の大会2年連続サヨナラ負けした悔しさを晴らしたい。
 ◇松戸国際(松戸市)
監督 小川康弘
 1 坂間亮  (3)
 2 坂本健太 (3)
 3 関光希  (3)
 4 野辺貴弘 (3)
 5 山中丈司 (3)
 6 風間智也 (3)
 7 丸林繁  (3)
 8○岩立脩平 (3)
 9 後藤圭介 (3)
10 恒川浩  (3)
11 半澤広視 (3)
12 藤澤正義 (3)
13 高宮洋一 (3)
14 小山晃  (3)
15 山口瑛司 (2)
16 森田充浩 (2)
17 舘林亮太朗(2)
18 柴田邦也 (1)
19 佐藤亨  (1)
20 政井孝夫 (1)
坂間、恒川、森田の投手陣は打たせて取るピッチング。1、2番をクリーンアップが返す展開ができれば、合言葉の「まずは1勝」も不可能ではない。
 ◇松戸馬橋(松戸市)
監督 中村昭二
 1 榎本貴義 (2)
 2 川村哲矢 (2)
 3 平野潤  (2)
 4○相内翔  (3)
 5 森優太  (2)
 6 西岡雄太 (2)
 7 丹沢賢  (3)
 8 庭田博史 (2)
 9 大熊聡  (2)
10 下橋直樹 (2)
11 東海林俊也(2)
12 子安将也 (2)
13 石井健太郎(2)
14 一沢雅也 (2)
15 橋本健一 (2)
16 小川将樹 (1)
17 鳴沢秀樹 (1)
18 浦島亮  (1)
19 当間和也 (1)
20 佐々木竜二(1)
主将の相内、レフト丹沢の2人の3年生が、2年生のレギュラー7人を引っ張る。制球力が安定したエース榎本は防御率1・9。全員野球でベスト16が目標。
 ◇松戸南(松戸市)
監督 村上剛史
 1 玉手昇太 (2)
 2 片山亮太 (3)
 3 石山良一 (3)
 4 戸羽健太 (3)
 5 三坂洸揮 (3)
 6○御子神亮 (3)
 7 稲垣勝俊 (3)
 8 加藤幸平 (1)
 9 大城翔平 (1)
10 添田隆太 (2)
11 小武方雅仁(2)
12 初沢佑樹 (2)
13 藤本薫  (2)
14 矢ノ目真也(1)
15 中村篤史 (1)
16 根村亮佑 (1)
17 荒井恭平 (1)
18 遠藤翔  (1)
19 神鳥洋  (1)
20 原田翔史 (1)
初戦突破を目指す。昨年より破壊力を増した攻撃陣は、14本塁打の玉手と巧打の片山が中心だ。3番御子神は俊足、強肩で、ショートでの守備範囲は広い。
 ◇松戸六実(松戸市)
監督 本常栄治
 1○南波亮太 (3)
 2 香川修平 (3)
 3 古橋諒  (3)
 4 川上翔平 (3)
 5 多久和悠史(2)
 6 桜井崇充 (3)
 7 中村勇太 (3)
 8 鍋谷幸宏 (3)
 9 野口智洋 (3)
10 諏訪拓巳 (3)
11 浜田大佑 (3)
12 渡辺航  (2)
13 鈴木敬侑 (2)
14 入山智至 (2)
15 車井勇太 (2)
16 寺尾浩介 (2)
17 西村泰輔 (2)
18 野島康夫 (2)
19 竹内健  (2)
20 西前直輝 (2)
南波は完投能力が高く、スタミナが豊富。女房役の香川は送球が安定した。攻撃は打率3割7分2厘の3番中村とチャンスに強い4番古橋が中心。
 ◇柏(柏市)
監督 板垣信隆
 1 田村拓也 (3)
 2 住原翔吾 (3)
 3 稲葉清典 (2)
 4 中村雄貴 (2)
 5 森口雅己 (3)
 6 金杉拓哉 (3)
 7 釣屋翔大 (3)
 8 寺嶋良太 (3)
 9 稲子良平 (2)
10 金子信一 (3)
11 中野圭一朗(3)
12○菅野文也 (3)
13 金井佑太 (2)
14 松島司  (2)
15 後藤充  (2)
センター寺嶋、ショート金杉が要の守りのチーム。昨夏の正選手5人が残る。菅野は1年秋からエースで経験豊富だが、スタミナが課題。ベスト16が目標だ。
 ◇市柏(柏市)○
監督 福島紀和
 1 横山優  (3)
 2 小林摩基 (2)
 3○金沢佑亮 (3)
 4 張ケ谷裕士(3)
 5 葛生大祐 (3)
 6 小平直輝 (3)
 7 金沢国彦 (3)
 8 阿部裕介 (3)
 9 清水俊介 (3)
10 田辺暁  (3)
11 石塚卓  (3)
12 岸川慎介 (3)
13 吉田大孝 (3)
14 大庭佑太 (2)
15 西川浩太郎(2)
16 高柳亮也 (2)
17 斉藤実  (3)
18 山崎健  (3)
19 横山智弘 (3)
20 西郷寿高 (3)
昨夏ベスト4で悲願の優勝を目指す。打率4割超の清水と思い切りが良い金沢国が攻撃の柱。エース横山は130キロ台の直球とカーブが武器。
 ◇柏北(柏市)
監督 槙野一三
 1 相田喜也 (3)
 2 内海義人 (3)
 3○相田晃助 (3)
 4 松原良輔 (3)
 5 安田政也 (2)
 6 斉藤輝  (3)
 7 梁瀬祥悟 (3)
 8 鈴木雄太 (3)
 9 岡田和樹 (2)
10 及川将  (2)
11 石川武志 (1)
12 伊藤了史 (1)
13 加藤直耶 (2)
14 長妻圭一郎(1)
15 矢部裕貴 (1)
16 藤山光  (1)
17 中島健介 (2)
18 栗原達也 (2)
19 谷口和哉 (1)
20 赤岩広宣 (1)
エース相田喜と主将の相田晃の双子が引っ張る。打線は1、2番の松原、斉藤が出塁し、主軸が返すスタイル。不安な外野守備を克服しベスト8進出を狙う。
 ◇柏中央(柏市)
監督 吉住昌一
 1 上窪祐輔 (3)
 2 渡辺充  (2)
 3 中村義幸 (3)
 4○吉津拓朗 (3)
 5 滝田創之 (3)
 6 国分拓也 (2)
 7 飯塚祐介 (3)
 8 松尾崇  (3)
 9 佐藤翔太郎(3)
10 椎名竜也 (2)
11 出口正太 (2)
12 九島貴洋 (2)
13 瀬崎太志 (2)
14 若林大地 (2)
15 西尾優希 (3)
16 吉村哲  (2)
17 渡辺太朗 (2)
18 石田肇  (2)
19 大谷淳  (3)
20 矢口祐作 (2)
打率3割台後半の吉津、松尾を中心に打線がつながれば勝ちパターン。エース上窪はスライダーが切れ、控えで防御率1・8の椎名は緩急自在の投球。
 ◇柏西(柏市)
監督 神保高徳
 1 宇都宮拓也(3)
 2 栗崎貴彦 (3)
 3 堀江雄太 (2)
 4 勝俣光隆 (2)
 5○横川健一 (3)
 6 小川昌志 (3)
 7 名児耶俊介(2)
 8 矢木雄大 (3)
 9 斎藤隆幸 (3)
10 岩渕新  (3)
11 鈴見甫  (3)
12 佐野弘明 (2)
13 大楽明儀 (2)
14 山本尚志 (2)
15 鈴木温心 (2)
16 長崎耕治 (2)
17 伊藤良平 (2)
18 久保頌人 (3)
19 秋谷泉樹 (1)
20 鳥羽遼太朗(1)
宇都宮は1年秋からエースで経験豊富。リリーフ久保も信頼感がある。攻撃は打率4割超の栗崎と本塁打12本の横川を中心に、全員でつなぐ野球が持ち味。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
(次回は6日に掲載します)(毎日新聞)


◇柏日体(柏市)
監督 林成幸
 1 黒田基弘 (3)
 2 酒井賢斗 (3)
 3 木下博文 (2)
 4 白井隆康 (2)
 5 今野敦海 (3)
 6 池内顕  (2)
 7 堀裕一郎 (3)
 8 新井佑輔 (2)
 9 斉藤裕太 (3)
10 大崎洋平 (3)
11○落合甲介 (3)
12 金子大樹 (3)
13 新田章郎 (3)
14 山岸覚  (2)
15 芦田和典 (2)
16 関翔太  (2)
17 高木功平 (2)
18 鈴木公基 (2)
19 浜嶋崇行 (2)
20 中里俊祐 (2)
1番の新井がチャンスメーカーとなり、3番木下や4番酒井で点を稼ぐ。エース黒田の投手経験が少ない分、堅守の内野陣がもり立てる。
 ◇柏南(柏市)
監督 長倉伸一
 1 宮武健一 (3)
 2 高畑和哉 (3)
 3 柳沢朋宏 (3)
 4 中島裕之 (3)
 5 佐野弘樹 (2)
 6○大久保仁志(3)
 7 仙石宗之 (3)
 8 鈴木良尚 (3)
 9 山沢周平 (3)
10 吉田卓哉 (3)
11 杉山淳哉 (3)
12 福富達哉 (2)
13 浅海裕季也(2)
14 梶泰徳  (2)
15 大徳翔馬 (2)
16 三枝将太 (2)
17 谷脇晋平 (2)
18 中村友哉 (2)
19 下田淳裕 (2)
20 正田卓也 (2)
エース宮武、左腕の杉山、緩急の差で勝負する吉田の全員が防御率2点台前半。継投で失点を抑え、攻撃につなげたい。過去最高の3回戦を突破したい。
 ◇芝浦工大柏(柏市)
監督 田口裕一 
 1 林航太郎 (3)
 2 羽住篤史 (3)
 3 栗原慶亘 (3)
 4 太田雄貴 (3)
 5○郡司康弘 (3)
 6 築城孝  (2)
 7 松浦史朗 (3)
 8 成山賢  (2)
 9 小沢直斗 (2)
10 久賀雄介 (3)
11 川村俊太朗(3)
12 砂田翔  (2)
13 筒井悟  (2)
14 安田一行 (3)
15 古谷泰樹 (2)
16 杉渕和平 (2)
17 佐藤和博 (2)
18 高橋東吾 (3)
カットボールを覚えたエース林は投球の幅が広がった。控えの久賀、小沢も変化球が得意。練習を重ねたバントで進め中軸に期待。ベスト8が目標。
 ◇清水(野田市)
監督 新留徳治 
 1 佐野英明 (1)
 2 菅原大輔 (3)
 3 木村司  (1)
 4 青木宏高 (1)
 5 蒲田明泰 (1)
 6 内田勝也 (2)
 7 篠崎巨嗣 (1)
 8 鳥海啓晃 (3)
 9 鳥海和泰 (1)
10 石川雅幸 (1)
11○知久桂市朗(2)
3年ぶりの夏の大会参加で、実戦の経験不足を部員11人の全員野球でカバーする。攻撃は長打力のある鳥海啓や打率3割の木村に期待がかかる。
 ◇西武台千葉(野田市)
監督 加藤郁男 
 1 岡戸祥平 (3)
 2 植村大介 (3)
 3 落合寛計 (3)
 4 堀切恵輔 (3)
 5○館岡大佑 (3)
 6 久保田貴士(3)
 7 吉村大輔 (3)
 8 合津直希 (3)
 9 遠藤祐太郎(3)
10 谷口一平 (3)
11 森健二朗 (3)
12 橋戸直也 (3)
13 菅谷正一 (3)
14 程田拓也 (3)
15 大関真英 (3)
16 戸辺佑太 (3)
17 片岡隆幸 (3)
18 平野祐介 (3)
19 大久保省吾(3)
20 高橋洋介 (3)
左のエース岡戸は両サイドに投げ分け、控えの谷口は縦のカーブが良い。打線は、5本塁打の4番吉村をはじめ、3割バッターが6人そろい、切れ目がない。
 ◇関宿(野田市)
監督 本城学  
 1 野本伸一郎(1)
 2 増田翔大 (2)
 3 佐藤知弘 (3)
 4 北沢智宏 (2)
 5 武智博士 (2)
 6○小金沢公夫(3)
 7 大熊一宏 (2)
 8 名越康之 (3)
 9 秦野康太 (2)
10 天〓秀平 (3)
11 金森翼  (2)
12 吉田直行 (1)
13 今福佑太 (1)
14 榊原政士 (1)
15 杉原亮介 (1)
16 佐藤重樹 (1)
17 金森晋  (1)
18 上島雄太 (1)
19 金子真一 (1)
20 町田賢太 (1)
初戦突破が目標。1年生エース野本は気迫を全面に出した投球で、カーブの切れ味鋭い佐藤が控える。攻撃はセンター返し中心のバッテング。
 ◇流山(流山市)
監督 櫛田基喜 
 1○小野瀬芳昌(3)
 2 吉原崇  (2)
 3 森竜也  (2)
 4 望月勇太 (2)
 5 斎藤勇樹 (2)
 6 武藤祐史 (2)
 7 中山雄貴 (2)
 8 高西勝斗 (3)
 9 飯沼隆行 (2)
10 高橋康太 (2)
11 井上佑太 (1)
12 佐藤亮介 (1)
13 飯塚和也 (1)
14 加藤拓哉 (1)
15 青木悠平 (1)
16 岩永大輔 (1)
17 李原豪隆 (1)
18 倉持龍志 (1)
19 加瀬将寛 (1)
正選手7人が2年生の若いチーム。小野瀬は打たせて取る投球で、ピンチ時の精神面が課題。サード斉藤やショート武藤が声を出し守備陣を盛り上げる。
 ◇流山北(流山市)
監督 菅原健太郎
 1 土屋陽介 (3)
 2 鳥居敬太 (3)
 3 甲田和寛 (3)
 4 増渕直人 (2)
 5 北島隆宏 (3)
 6 東條友宣 (3)
 7○高木恒  (3)
 8 熊本一範 (3)
 9 宗田照治 (3)
10 庄司晃太 (3)
11 白川秀明 (3)
12 荻野一真 (3)
13 佐藤輝  (3)
14 坪井拓也 (2)
15 広瀬正幸 (2)
打線は打率4割超の高木と好機に強い鳥居が中心。エース土屋はスタミナ豊富で、序盤を乗り切れば130キロの直球と変化球が生きる。目標はベスト16。
 ◇流山中央(流山市)
監督 阿部宙  
 1○平井友紀 (3)
 2 白川綱城 (3)
 3 馬場達郎 (3)
 4 島田雅斗 (3)
 5 近藤航  (2)
 6 尾崎徹  (2)
 7 伊藤幹也 (2)
 8 川名祥一 (3)
 9 縣尚志  (2)
10 坂元淳一 (3)
11 吉田隆弘 (2)
12 張替慶太 (3)
13 野村高史 (1)
14 海老原茂材(2)
15 斉藤大輔 (1)
16 田中裕己 (1)
17 丹羽克明 (2)
18 黒須孝則 (1)
19 井上達也 (1)
20 矢作拓磨 (1)
フォークが武器の平井、制球力の良い坂元、左の本格派吉田の3人とも完投能力がある。4本塁打の島田や打率3割4分3厘の平井を軸に連打を重ねたい。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。〇は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字
(次回は6日に掲載します)(毎日新聞)


◇流山東(流山市)
監督  伊藤道明
 1 ○猪股一基 (3)
 2  兵頭拓也 (3)
 3  藤原亘  (3)
 4  沢出勇輝 (2)
 5  山崎竜祐 (3)
 6  堀越学  (3)
 7  中根裕貴 (3)
 8  酒巻尚史 (3)
 9  青柳隆広 (2)
10  安部勇人 (3)
11  石崎達也 (3)
12  多田直紀 (3)
13  松岡理平 (3)
14  松川侑也 (3)
15  岩谷直紀 (3)
16  青木清貴 (2)
17  鶴巻択  (2)
18  吉若将太郎(2)
19  永井雄人 (2)
20  小野原涼馬(2)
 猪股はスライダーとカーブを投げ分ける。攻撃は打率3割8分の2番酒巻が出塁、22本塁打の3番猪股につなぐ。内野の守備が安定すればベスト8も可能。
 ◇流山南(流山市)
監督  半沢拓夫
 1  堀江伸明 (3)
 2  木村仁  (2)
 3  菅原真利 (3)
 4  深井光弘 (3)
 5  佐々木慶信(3)
 6  長谷川直之(2)
 7 ○高橋怜志 (3)
 8  中村健人 (3)
 9  酒寄和浩 (3)
10  河野哲  (2)
11  水野輝  (3)
12  土屋大輔 (2)
13  岡田真和 (2)
14  清藤雅也 (2)
15  川口直也 (2)
16  八鍬辰哉 (2)
17  小林隼人 (2)
18  中原健太 (2)
19  志賀勝  (1)
20  仁平和希 (1)
 堀江は強気の投球が持ち味で、調子の波を少なくすることが課題。打線は打率4割超の4番佐々木や6本塁打の5番菅原が中心。守備陣は強肩ぞろい。
 ◇野田北(野田市)
監督  海老原健
 1  細田有希(3)
 2  横張大輔(2)
 3  宮〓真仁(3)
 4  飯塚孝 (2)
 5  瀬良彰仁(2)
 6  東裕輔 (2)
 7  須藤健一(3)
 8 ○鈴木大樹(3)
 9  野口達矢(2)
10  佐藤錬平(3)
11  井上大地(3)
12  荻原敬洋(3)
13  佐々木匠(2)
14  根岸悠太(2)
15  草間剛志(2)
16  佐藤仁 (2)
17  渡辺薫 (2)
18  須田恵康(2)
19  細井孝仁(2)
20  田島俊一(2)
 エース細田は右肩を痛めたが、左の井上と右横手投げの須田が成長。打線をつなぎ、50メートル走6秒の須藤の足や打率3割5分の鈴木の打撃を生かしたい。
 ◇柏陵(柏市)△
監督  関茂
 1  鈴木彰行 (3)
 2  池田翔太郎(3)
 3  西田克也 (3)
 4  斎藤剛史 (2)
 5  酒井幸樹 (2)
 6  樋口雄大 (3)
 7  野村和人 (3)
 8 ○荻野真一 (3)
 9  亀山陽平 (3)
10  渋谷亮太 (2)
11  島〓健人 (3)
12  市村優太 (2)
13  広瀬幸俊 (3)
14  伊藤寿祥 (3)
15  塚崎祥吾 (2)
16  白石嵩  (3)
17  小松崎慎平(3)
18  桜井純  (3)
19  佐々木隆将(2)
20  天満谷哲史(2)
 正選手に昨夏の経験者7人。5年ぶりの甲子園を目指す。勝率は8割以上。エースの鈴木と球速130キロ台の渋谷が2本柱。打線は12本塁打の4番西田が軸。
 ◇東葛飾(柏市)
監督  小幡健一
 1  大谷顕太 (3)
 2  田辺理央 (3)
 3  高橋利之 (2)
 4  吉田慎之介(3)
 5  黒田大崇 (3)
 6  稲川徹也 (3)
 7  加藤裕  (2)
 8 ○安達大輔 (3)
 9  斎藤惇一 (3)
10  小林隆雅 (3)
11  野本和樹 (2)
12  入山亮平 (2)
13  田村寧史 (3)
14  古川日出雄(2)
15  酒井修平 (2)
16  海津陽一 (2)
17  中島慧  (3)
18  高橋利久也(3)
19  関根勲  (2)
20  泊り宏史 (2)
 2年生秋からエースの大谷は130キロ台の直球と変化球を投げ分ける。控えの小林は縦のカーブで勝負。打線をつなぎ、本塁打12本の4番安達に期待したい。
 ◇流経大柏(柏市)◎
監督  氏家陽一
 1  松岡〓 (2)
 2  柳翔三 (3)
 3  石渡大樹(3)
 4 ○山田諒 (3)
 5  野村洋平(3)
 6  駒井悠希(3)
 7  松岡佳祐(3)
 8  太田数貴(3)
 9  岡田卓磨(3)
10  中塚大輔(3)
11  小野健太(2)
12  鏑木友樹(2)
13  山村雅俊(3)
14  須藤雄祐(3)
15  小石健太(3)
16  安藤貴 (3)
17  谷川敬章(3)
18  鈴木大雅(3)
19  松本一哉(3)
20  滝口慶大(3)
 優勝候補の一角。下手投げの中塚、ベスト4の春大会で活躍の松岡、球速140キロの小野の3人が完投能力を持つ。チーム打率3割4分2厘の打線も脅威。
 ◇麗沢(柏市)
監督  丹羽重信
 1 ○篠優輔  (3)
 2  佐藤一磨 (1)
 3  橋本暁  (2)
 4  山道哲也 (2)
 5  桑崎絢士 (3)
 6  石川裕一 (3)
 7  植松宏太 (2)
 8  上田泰嗣 (3)
 9  飯島慎  (2)
10  桜井学  (3)
11  小林誠  (2)
12  新井済人 (2)
13  稲大地  (1)
14  平湯俊彦 (1)
15  瀬川高央 (1)
16  槙野翔太郎(1)
17  松村聡  (1)
18  野町和平 (1)
19  山下由晃 (1)
20  三浦隆  (1)
 守備を固めて初戦突破を目指す。エース篠は多彩な変化球に加え直球もスピードを変えて投げ分ける。出塁率4割越の1番飯島を生かして得点したい。
 ◇我孫子(我孫子市)
監督  佐藤誠
 1  加地忍  (3)
 2  飯田道雄 (2)
 3  高瀬勇次 (3)
 4  内田慶佑 (3)
 5  平川裕二 (3)
 6  島田淳平 (3)
 7  横江慎平 (3)
 8  小野寺悠 (3)
 9  渋谷亮  (3)
10  忍田和也 (3)
11  岡直人  (3)
12  高野健  (2)
13 ○三文字英俊(3)
14  芝山真一 (3)
15  石川雅也 (3)
16  平久寛基 (2)
17  木村優  (2)
18  長屋史人 (2)
19  坪井塁志 (2)
20  田口大介 (3)
 球速144キロのエース加地に頼っていたチームが、守備力を鍛え実力アップ。内野陣は三塁平川を中心に安定感。打率4割近い4番高瀬は変化球に強い。
 ◇我孫子二階堂(我孫子市)
監督  諸星邦生
 1  石合智文 (1)
 2  安藤諭志 (1)
 3  高橋裕太 (1)
 4 ○恩田誉司 (1)
 5  屋代竜之介(1)
 6  乳井征章 (1)
 7  橋本直樹 (1)
 8  本堂翔平 (1)
 9  山原大地 (1)
10  大和田徹 (1)
11  壹岐誠  (1)
12  飯島広大 (1)
13  中村隆平 (1)
14  小川竜一 (1)
15  湯浅勇気 (1)
 全員1年生の若いチーム。右の大和田と左の石合はいずれも我慢強い投球。攻撃は好機に強い乳井と、50メートル走6秒の俊足安藤を中心に1点ずつ積み重ねる。
 ◇印旛(印西市)
監督  土井規穀
 1  高岡正和 (3)
 2  中條鉄士 (3)
 3  並木修一 (3)
 4 ○今井章人 (3)
 5  伊橋宏幸 (3)
 6  森田淳  (2)
 7  金井良太 (3)
 8  長谷川将一(3)
 9  湯沢拓也 (2)
10  中村隆史 (3)
11  高橋拓也 (3)
12  加藤弘  (3)
13  鈴木友幸 (2)
14  湯浅達也 (2)
15  松波哲也 (2)
16  竹林奈緒憲(2)
17  玉井嵩人 (2)
18  清水恭平 (2)
19  中條勇志 (2)
20  広瀬洋介 (2)
 シンカーで勝負の高岡、速球派の中村、くせ球の中條と個性的な3投手。バントなどで相手のミスを突く打線は、16本塁打の1番長谷川の長打力も魅力。
 ◇湖北(我孫子市)
監督  和田純
 1  飯泉一誠 (3)
 2  野口峻市 (3)
 3  金井伸介 (3)
 4  石井春樹 (3)
 5  神戸陽次郎(3)
 6 ○古橋満久 (3)
 7  吉田謙介 (3)
 8  平出直也 (3)
 9  谷口達哉 (2)
10  君島将平 (2)
11  門川敬志 (2)
12  青木夕  (2)
13  辻貴弘  (2)
14  根本学  (2)
15  山本健二 (2)
16  飯泉亮誠 (1)
17  飯田雅弘 (1)
18  遠藤亮祐 (1)
19  住章平  (1)
20  森戸祐貴 (1)
 4番古橋は高校通算打率5割で本塁打43本と驚異的な数字を残す。2番野口、3番飯泉も打率4割台後半。守備陣の出来が勝ち抜くためのポイントとなる。
 ※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
 ※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
 ※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇佐倉(佐倉市)
監督 高橋好正
1  藤掛優  (3)
2 ○長谷川祐紀(3)
3  高橋浩史 (3)
4  川本裕貴 (3)
5  畠山貴裕 (2)
6  金子恒保 (2)
7  中島優紀 (2)
8  永井良  (3)
9  寺門真司 (3)
10 江尻浩平 (3)
11 原悠介  (2)
12 飯塚一路 (2)
13 岡田寿直 (3)
14 矢達喬久 (3)
15 小城謙治 (2)
16 萩谷翔太 (2)
17 菅原良太 (3)
18 戸村雅俊 (3)
19 赤瀬涼平 (2)
20 金子雄紀 (2)
 打率3割台後半の3番畠山、4番長谷川を中心とした強力打線が健在。エース藤掛は130キロ台後半の直球。失策を防げば上位進出も可能だ。
 ◇佐倉西(佐倉市)
監督 熊谷哲
1  越村佳央 (3)
2  田中直人 (3)
3  小川隆徳 (3)
4  藤原康朗 (3)
5 ○平野雄大 (3)
6  工藤隆生 (3)
7  高橋史哉 (3)
8  鶴田優太郎(3)
9  西出雄紀 (3)
10 川島拓二 (3)
11 黒田正幸 (3)
12 園田誠  (3)
13 宮坂正之 (3)
14 秋元政輝 (3)
15 金高佑太郎(3)
16 後藤大祐 (3)
17 佐久間直也(3)
18 小川拓真 (3)
19 渡辺淳  (3)
20 亀田洋平 (2)
 打率4割近い平野と5割超の小川を中心とした打撃のチーム。1年秋から登板するエース越村はスタミナが課題。内野のミスを減らしベスト8を目指す。
 ◇佐倉南(佐倉市)
監督 土屋宇広
1  林寛典  (3)
2  桜井隆行 (3)
3 ○山本耕平 (3)
4  渡辺直哉 (2)
5  小林亮太 (2)
6  塚本浩司 (3)
7  新沼銀一郎(2)
8  飯塚祐貴 (3)
9  甲州達也 (3)
10 斉藤託野 (2)
11 石原基  (3)
12 荒勇人  (2)
13 矢口和隆 (3)
14 原田潤  (3)
15 中村心之輔(2)
16 三本徹  (2)
17 田仲智幸 (3)
18 木川篤史 (2)
19 石渡稔章 (3)
20 久保田祐輔(3)
 エース林はスライダーが良く、控えの斉藤はカーブを打たせて取る。打率3割台後半の飯塚と山本の打棒に、機動力が絡めば目標のベスト8も夢ではない。
 ◇秀明大八千代(八千代市)
監督 清水雅広
1  政氏良太 (3)
2  三重野竜弥(2)
3  清水洋平 (2)
4 ○飛嶋雄也 (3)
5  佐藤裕貴 (2)
6  中島佑  (2)
7  有馬克弥 (3)
8  小坂大和 (2)
9  風巻史朗 (2)
10 三橋賢輝 (3)
11 北村大樹 (3)
12 本田康貴 (3)
13 上田覚  (2)
14 梅原一也 (2)
15 横山幸久 (2)
16 鈴木裕次 (2)
17 川村直也 (2)
18 代田佳亮 (2)
19 高梨正樹 (2)
20 高木和也 (2)
 全員野球で1勝を目指す。制球力が安定したエース政氏と、内野守備陣の出来がカギ。1番中島らが出塁し、打率3割台後半の三重野や有馬での得点に期待。
 ◇沼南(沼南町)
監督 中西威史
1  坂本庸平 (2)
2  座間優  (2)
3  鹿倉俊  (3)
4  鈴木喜好 (3)
5  田沢航平 (1)
6 ○飯泉亮太 (3)
7  小宮山義宏(3)
8  石見和之 (2)
9  斉藤竜一郎(2)
10 壁谷太一 (2)
11 大沢鷹敏 (1)
12 宇佐美俊綱(2)
13 安田祐介 (2)
14 井寺正孝 (2)
15 鍵山和馬 (2)
16 追杉和基 (2)
17 松下大毅 (2)
18 安藤竜太 (2)
19 石崎翔太郎(2)
20 村社信卓 (3)
 年間100試合以上を経験し、実力は昨年よりアップ。13本塁打の飯泉が中心の攻撃陣は長打力あり。50メートル走6秒の石見は100盗塁。シード校撃破が目標。
 ◇沼南高柳(沼南町)
監督 渡辺恭男
1  佐々木祥貴(1)
2  舛田祥吾 (1)
3  羽鳥雅人 (1)
4  佐藤浩  (2)
5 ○滝裕太  (3)
6  間下卓哉 (2)
7  鈴木崇弘 (2)
8  鈴木裕也 (2)
9  北口省吾 (2)
10 三輪貴洋 (2)
 佐々木は直球と変化球を織り交ぜ三振が取れる投手。女房役の舛田が守備陣のムードを盛り上げ、打線は唯一の3年生滝の長打に期待。1回戦突破が目標。
 ◇白井(白井市)
監督 斉藤洋一
1  近藤正宏 (3)
2  遠藤翔太 (3)
3  山口智徳 (3)
4 ○小泉智史 (3)
5  阿部拓哉 (2)
6  池田悠太 (3)
7  木内将行 (3)
8  川村嘉之 (3)
9  弓木田学 (3)
10 百目鬼俊行(3)
11 榎林銀次 (2)
12 石川孝樹 (2)
13 小林大介 (3)
14 安達浩平 (2)
15 木村勇一 (3)
16 松田圭司 (2)
17 吉田太陽 (2)
18 平井潤  (2)
19 久保田和馬(3)
20 山口将  (2)
 投手はピンチに動じない近藤、秋のエース百目鬼、左腕榎林が3本柱。打撃は盗塁50個の遠藤らの機動力を使い、打率3割5分の4番阿部の打撃に期待する。
 ◇千葉英和(八千代市)
監督 伊藤修次
1  山口貴弘 (2)
2 ○泉雄介  (3)
3  林昭徳  (2)
4  宮崎勇希 (2)
5  土井達也 (3)
6  丸井健史 (2)
7  浜野政人 (2)
8  大島裕亮 (3)
9  西学   (3)
10 林泰延  (3)
11 原田祐多 (3)
12 高橋将斗 (2)
13 岸川雄次 (2)
14 柴田岳  (2)
15 小林俊一 (2)
16 安島功太郎(2)
17 中島諒和 (1)
18 吉田雅浩 (1)
19 福島幸樹 (1)
20 椿祐輔  (3)
 打率4割台後半の西、4番林が中心の打撃力は昨年より上。エース山口はフォークが得意。主将の捕手泉が投手陣の力を引き出せば強豪と互角の戦いも。
 ◇千葉敬愛(四街道市)
監督 吉田郁司
1 ○石田純一 (3)
2  加藤宏太郎(3)
3  松田充  (3)
4  島野惇平 (3)
5  早坂祐樹 (1)
6  大山広希 (3)
7  中島裕樹 (3)
8  宮尾浩司 (2)
9  的場淳  (2)
10 田中洋平 (1)
11 浮島亮  (2)
12 平山貴士 (3)
13 宮本岳人 (2)
14 加藤淳史 (3)
15 山田弘徳 (2)
16 長尾雄大 (3)
17 小宮山雄平(3)
18 永井孝弥 (3)
19 佐竹良紀 (1)
20 北高野玄 (1)
 投手陣は、打たれ強い大山、強気の投球で135キロの速球を投げ込む石田が2枚看板。攻撃陣は右打ちが得意で、特に3番石田、4番的場の主軸打者に期待。
 ◇中央学院(我孫子市)
監督 荒井致徳
1  石幡拓也 (2)
2  佐藤晃  (3)
3  鈴木祐二 (3)
4  中村和史 (3)
5  岩下昇太 (3)
6  佐々木陽平(3)
7  石田絋一 (3)
8 ○山倉直人 (3)
9  岡崎喜和 (3)
10 冨沢正憲 (3)
11 岩渕健司 (3)
12 福島大貴 (3)
13 山倉一樹 (3)
14 佐藤洋人 (3)
15 松崎達也 (2)
16 菅井聡  (2)
17 原良輔  (3)
18 亀谷翔  (3)
19 川村勇貴 (2)
20 宮内宏  (2)
 1、2年生だけだった昨年から試合数を積み実力が増した。場外本塁打の経験がある4番山倉ら打撃陣が奮起し、石幡ら投手陣の踏ん張りに期待したい。
 ◇二松沼南(沼南町)
監督 七五三和男
1  久保田登 (2)
2 ○佐々木隆一(3)
3  佐藤翔  (2)
4  西村泰斗 (2)
5  川上純平 (1)
6  佐藤幸一 (1)
7  阪村純平 (2)
8  三浦正毅 (3)
9  長谷川雅大(3)
10 古居剛  (2)
11 中川大樹 (1)
12 岩田健  (2)
13 松井信弥 (1)
14 佐藤岬  (1)
15 石川正太郎(2)
16 佐々木俊輔(3)
17 久保寺哲也(3)
18 高田裕介 (2)
19 大原和訓 (3)
20 増田翔太 (1)
 50メートル走5・9秒の1番西村らの足を生かし、主軸に25本塁打の長谷川と打率4割近い阪村が控える。エース久保田と2番手の古居は防御率1点台と安定。(毎日新聞)


◇布佐(我孫子市)
監督 石橋尅夫
1 ○野中章玄(3)
2  藤井航 (3)
3  岡本直人(2)
4  山〓卓也(3)
5  高橋悠 (3)
6  山田吉昭(2)
7  渡辺賢丈(2)
8  猪義明 (3)
9  安藤昌弘(3)
10 豊島雄介(2)
11 板橋巧 (1)
12 伊藤里史(1)
13 伊藤博 (1)
14 白井大樹(1)
15 竹田修人(1)
16 米山和孝(1)
17 山崎大地(1)
 全力プレーでまず1勝が目標。強肩の捕手藤井、守備範囲が広い二塁山〓を中心に守備を固め、カーブとフォークが武器の野中を盛り立てたい。
 ◇八千代(八千代市)
監督 片岡祐司
1  大槻優  (2)
2 ○菅原貴宏 (3)
3  野田健介 (2)
4  石沢侑樹 (2)
5  関戸永典 (2)
6  松島央  (3)
7  花島健志朗(3)
8  小林直博 (2)
9  高橋拓也 (3)
10 谷俊成  (2)
11 藤原知史 (3)
12 小松慎  (3)
13 帆足祐生 (3)
14 太田健介 (3)
15 石川渉  (3)
16 高橋亮太 (3)
17 小川直也 (2)
18 山田一雅 (2)
19 根本孝明 (1)
 打率3割7分2厘の1番花島の出塁がカギ。エース大槻は落ち着いた投球。正選手5人が2年生で、思い切りの良い野球で一昨年のベスト8以上が目標。
 ◇八千代松陰(八千代市)
監督 長津光一
1  須藤裕昭 (3)
2  内川祐吾 (3)
3  中本浩平 (3)
4  渡辺裕輔 (3)
5  秋葉雄太 (3)
6  古谷洋佑 (3)
7  十九浦拓哉(3)
8 ○菊池秀憲 (3)
9  松尾潤  (3)
10 上田啓太 (3)
11 小滝督人 (3)
12 麻生俊樹 (2)
13 田森葉一 (3)
14 藤井真之 (3)
15 木村健太 (3)
16 桑折仁史 (2)
17 岡沢亨介 (3)
18 西野亨信 (3)
19 新沼俊平 (3)
20 薄田剛生 (3)
 接戦に粘り勝つ野球を目指す。4番の十九浦、広角打法の中本が軸となる打線は、バットの心に当てる打撃を心掛ける。エース須藤はカーブの制球力が良い。
 ◇八千代西(八千代市)
監督 大高剛
1 ○吉田達也(3)
2  近藤正行(2)
3  佐々木駿(1)
4  大木正義(3)
5  市川翔太(1)
6  鈴木俊一(3)
7  青木拓弥(1)
8  渡辺康裕(3)
9  後藤翔太(2)
10 内藤治希(3)
11 福島明人(3)
12 藤井康介(1)
13 福田大翼(1)
14 平野琢也(1)
15 高橋優太(1)
 全員野球で初戦突破を狙う。エース吉田を中心に素早い送球で守りのリズムを作りたい。50メートル走6・1秒の後藤と、変化球打ちがうまい近藤らが攻撃の中心。
 ◇八千代東(八千代市)
監督 荒木実
1  間谷力    (2)
2  可児尚之   (3)
3  佐藤純也   (3)
4  深町祐登   (3)
5  藤井一八   (3)
6  陣谷知樹   (3)
7  井上翼    (3)
8  木村翔平   (2)
9  岩沢学    (3)
10 坪井優樹   (3)
11○橋本圭祐   (3)
12 根本雄一郎  (3)
13 米村朋也   (3)
14 鷹羽司マイケル(2)
15 三代川知弘  (3)
16 斎藤翼    (3)
17 山田清貴   (2)
18 安楽匡史   (1)
19 大友竜童   (2)
20 丹羽泰生   (3)
 1番木村が出塁し、左右に打ち分ける3番深町、打率3割超の5番佐藤ら中軸で得点する。投手米村と守備陣が落ち着いてプレーできれば、上位進出も。
 ◇四街道(四街道市)
監督 平野勝敏
1  倉部清健 (2)
2  小関圭介 (3)
3  安藤良太 (3)
4  宮川佳祐 (3)
5 ○中村圭祐 (3)
6  樋口裕介 (2)
7  小熊俊太朗(3)
8  伊勢〓紘喜(2)
9  泉勝也  (3)
10 四釜拓也 (2)
11 橋本晃弘 (2)
12 瀬戸学  (2)
13 柏木雄兵 (2)
14 岡本祐一 (2)
15 藤巻実  (3)
16 村田真規 (2)
17 山田耕史 (2)
18 長沼勲  (2)
19 鈴木達也 (2)
20 加藤徹哉 (1)
 エース倉部の粘り強い投球に期待し、初戦突破が目標。主将の三塁中村が堅守と声で守備陣をまとめる。1番伊勢〓らの足を絡めた攻撃で得点したい。
 ◇四街道北(四街道市)
監督 松田純一
1  美登雄輝 (3)
2  小倉晃  (3)
3  二上剛  (3)
4  山本幸雄 (2)
5  逸見元  (2)
6  鈴木健司 (3)
7  郷野裕和 (3)
8  青柳遼平 (3)
9 ○荒木陽平 (3)
10 河野渉  (1)
11 清野海来 (2)
12 石橋裕之 (2)
13 黒渕隆之 (2)
14 鈴木佑也 (2)
15 山田峻伊知(2)
16 遠藤上世 (2)
17 西村悠太郎(1)
18 久保田聡 (1)
19 大塚直樹 (1)
20 中原圭介 (1)
 昨夏の正選手が7人残り4回戦以上を目指す。勝負強い美登、速球派の河野の投手陣を堅守で支え、盗塁40個の鈴木、35個の青柳の足で相手をかき回したい。
 ◇旭農業(旭市)
監督 神原隆
1  伊東祐  (3)
2  戸村将文 (2)
3 ○佐藤寛幸 (3)
4  清水浩昭 (2)
5  林大樹  (3)
6  入戸野直樹(2)
7  早川瞬  (2)
8  高木伸也 (3)
9  木内寛一 (3)
10 岩田和徳 (3)
11 大木章裕 (3)
12 平野哲也 (3)
13 増田有輝 (3)
14 三上宏樹 (3)
15 加瀬亮裕 (1)
16 加瀬智  (1)
17 斎藤智幸 (1)
18 黒巣勇介 (1)
19 椎名亮平 (1)
20 渡辺涼太 (1)
 エースで4番伊東を中心に、全力疾走をモットーにした元気あふれるチーム。佐藤、伊東、林らクリーンアップの前に走者をためたい。初戦突破を目指す。
 ◇小見川(小見川町)
監督 村井孝司
1  柳橋忍  (3)
2  永嶋嘉人 (3)
3  冨沢将人 (3)
4  林昭寿  (3)
5  香取誠  (3)
6  向後宏紀 (3)
7  林啓文  (3)
8 ○椿貴浩  (3)
9  篠塚知宏 (3)
10 田谷真  (2)
11 床枝健  (3)
12 伊藤方之 (3)
13 木内勇輝 (2)
14 篠田健介 (2)
15 七五三将太(2)
16 杉本守  (2)
17 藤枝陽一 (2)
18 文山和大 (2)
19 木村幸太郎(2)
20 村山大祐 (2)
 1年生秋からエースの柳橋は球速130キロ台で、控えの田谷は制球力の良さが持ち味。少ない好機を香取、柳橋、永嶋の主軸が生かし、シード校撃破が目標。(毎日新聞)


◇佐原(佐原市)
監督 加瀬優
 1 大須賀裕輔(3)
 2 篠塚知啓 (1)
 3 保科裕幸 (3)
 4 東聡   (2)
 5 渡辺知宏 (2)
 6 椎名正和 (1)
 7○荒井啓之 (3)
 8 林一望  (3)
 9 新堀健士 (3)
10 浅野重樹 (2)
11 斉藤真吾 (2)
12 冨沢聡史 (1)
13 浜島康典 (1)
14 大友敬三 (1)
15 永長卓也 (1)
16 斉藤卓哉 (1)
17 小林健太 (1)
18 鵜沢裕彰 (1)
19 萩塚達典 (1)
20 林貴大  (2)
 エース大須賀は130キロ台後半の直球、リリーフ荒井はシュートやスライダーが持ち味。打線は打率4割4分の荒井や勝負強い渡辺らにつなぎたい。
 ◇佐原白楊(佐原市)
監督 伊藤健
 1 佐藤茂之(2)
 2 伊藤正彦(2)
 3 川尻秀典(2)
 4 篠塚智光(2)
 5 内田隆司(2)
 6○佐藤泰之(2)
 7 村田広 (2)
 8 池田勇介(2)
 9 大崎和也(2)
10 関雄太郎(2)
11 丸山拓也(2)
12 宮本達也(2)
13 栗原優貴(2)
14 増田裕樹(2)
15 林卓也 (2)
16 角田貴宏(1)
17 木村匠 (1)
18 和田拓海(1)
19 山田琢磨(1)
20 高城翔太(1)
 主将の佐藤泰、エース佐藤茂の双子がチームを引っ張る。攻撃は単打を重ね、長打力のある4番伊藤で得点する。守備のミスを防ぎ、初戦を突破したい。
 ◇下総(下総町)
監督 重村敦司
 1○橋本直樹(3)
 2 北崎裕章(3)
 3 石井真央(3)
 4 越川達哉(2)
 5 石井教平(2)
 6 高安良至(3)
 7 幡谷健史(3)
 8 背黒裕輝(3)
 9 細野祐輝(2)
10 内池善昭(2)
11 藪崎淳也(3)
12 神嵜和也(3)
13 藤崎智也(2)
14 梧桐和史(2)
15 八木沢謙(2)
16 國分琢磨(3)
17 黒田孝典(1)
18 川〓雄臓(1)
19 大門篤芳(1)
 エース橋本は130キロの速球を投げ、リリーフは制球力のある藪崎と緩急をつける内池。打線はミートのうまい3番幡谷と長打もある4番高安に期待。
 ◇匝瑳(八日市場市)
監督 高根恒
 1 本橋勇樹(3)
 2○林和希 (3)
 3 柳生大輔(3)
 4 伊藤勇樹(3)
 5 高橋隆之(3)
 6 加瀬将人(2)
 7 川島裕祐(2)
 8 向後直樹(2)
 9 平山太地(3)
10 神原真人(2)
11 吉村昭平(2)
12 青沢秀実(1)
13 加瀬雅幸(1)
14 井上裕二(1)
15 渡部芽依(1)
 スライダーが武器のエース本橋を中心とした守りの野球。攻撃は1、2番の出塁機会を増やし、打率4割台後半の3番高橋や4番柳生で得点したい。
 ◇多古(多古町)
監督 石川和斉
 1 橋本長大(3)
 2 宇井要 (2)
 3 石井一樹(3)
 4 藤崎秀樹(3)
 5 宮野直弘(2)
 6 宇井利樹(3)
 7○秋葉陽介(3)
 8 林和希 (3)
 9 石田俊之(3)
10 飯田隼人(3)
11 戸村光博(3)
12 高橋辰弥(2)
13 鵜沢浩孝(2)
14 岩内優 (2)
15 椎名俊也(2)
16 岩沢浩二(2)
17 藤崎洋志(3)
18 加瀬賢一(3)
 エース橋本は重い直球を投げる。藤崎、宇井利の二遊間は守備範囲が広い。打撃陣は打率5割で左右に打ち分ける秋葉と、長打力の飯田に期待がかかる。
 ◇千葉黎明(八街市)
監督 林裕幸
 1 福田聖士 (3)
 2 伊藤広行 (3)
 3 藪祐輔  (3)
 4 中村洋樹 (3)
 5 荒井幹夫 (3)
 6 小林健太 (3)
 7 加藤真澄 (3)
 8 蛯名翔  (3)
 9 増田陽介 (3)
10 桜井祐弥 (3)
11○柴田武壮 (3)
12 宮沢公人 (3)
13 森拓也  (3)
14 佐久間友吾(3)
15 伊橋大樹 (3)
16 土田悦寛 (3)
17 長谷部将光(3)
18 藤崎亮  (3)
19 青木修一 (3)
 エース福田と控えの桜井は130キロ台後半の直球。大きなカーブを持つ森もおり投手陣は万全。1番小林、2番蛯名が出塁し、藪、加藤ら中軸で得点する。
 ◇市銚子(銚子市)○
監督 石井洋一
 1 木内貴之(3)
 2 土屋敦生(3)
 3 及川祐平(3)
 4 〓瀬寛樹(3)
 5 渡辺愛斗(2)
 6○本城崇之(3)
 7 安藤洋平(3)
 8 嶋田将志(3)
 9 豊田祐輔(3)
10 飯田健太(3)
11 角崎真琴(3)
12 高橋翔 (3)
13 佐藤貴大(3)
14 石井伸和(3)
15 伊藤友人(3)
16 潮耒貴司(3)
17 大内郁哉(2)
18 平野諭 (2)
19 内山聡 (2)
20 加瀬良太(2)
 投手陣は多彩な変化球の木内と速球に威力の飯田が2枚看板。3番嶋田は打率4割台後半、4番及川は17本塁打。守備力が上がれば2度目の甲子園も。
 ◇銚子商(銚子市)△
監督 齊藤俊之
 1 小林仁士(3)
 2 田崎淳一(2)
 3 谷中祐世(3)
 4 鈴木則光(3)
 5 福田力斗(2)
 6 長沢和矢(2)
 7 永本一人(3)
 8○斎藤昌誉(3)
 9 佐藤恭亮(2)
10 遠藤晃 (2)
11 山崎竜弥(2)
12 岡田和明(3)
13 籠谷浩治(3)
14 草野広史(3)
15 宇野達也(3)
16 渡部幸重(3)
17 菅谷朋樹(3)
18 向後雄仁(3)
19 石毛大智(3)
20 木村崇 (3)
 小林は130キロの速球と多彩な変化球。正選手全員が50メートル走6秒台で機動力があり、中軸の佐藤、永本は左右に打ち分ける。優勝を狙える位置にいる。
 ◇銚子水産(銚子市)
監督 飯笹雅史
 1 平山優  (2)
 2 吉野貴博 (2)
 3 白土裕貴 (2)
 4 大平貴也 (2)
 5 武田和博 (2)
 6 伊藤匡展 (2)
 7 高木淳  (2)
 8 長谷川史貴(2)
 9 荻久保尚利(1)
10○岩瀬忠史 (3)
11 辻一貴  (2)
12 常世田晃宏(2)
13 石井亨  (1)
14 〓岡紀彰 (1)
15 石井克哉 (3)
16 寺井悠介 (2)
17 嶋田修也 (2)
18 阿部徳太 (1)
 エース平山は打たせて取るタイプで、スタミナがある。攻撃は打率4割5分の4番白土で得点を稼ぐスタイルで、他のバッターらの出塁がカギを握る。
 ◇銚子西(銚子市)◎
監督 柴田尚
 1 椎名通  (3)
 2 石井孝宏 (3)
 3○近藤雄太 (3)
 4 小林昌哉 (3)
 5 高埜智也 (3)
 6 深堀純矢 (3)
 7 川口拓也 (3)
 8 岡田洵也 (3)
 9 石井元気 (3)
10 宮内鉄也 (3)
11 伊藤公一 (3)
12 米田啓之 (3)
13 大槻光利 (3)
14 浅野文典 (3)
15 尾形好理 (3)
16 城貴弘  (3)
17 高木大造 (3)
18 常世田真弥(3)
19 実川慎太郎(3)
20 柴裕太  (3)
 今春ベスト4で敗れた悔しさをぶつけ優勝を狙う。直球130キロ台後半のエース椎名は完投能力がついた。主将深堀らクリーンアップは左打者がそろう。
 ◇東京学館(酒々井町)
監督 清水秀一
 1 中村裕哉 (3)
 2 成毛正浩 (3)
 3 佐藤祐輝 (3)
 4 鈴木崇也 (3)
 5 近藤亮  (3)
 6 伊藤恭士 (3)
 7 山岸弘樹 (3)
 8○鵜沢泰裕 (3)
 9 池沢宏次 (3)
10 城山誉規 (2)
11 根岸秀行 (3)
12 林拓朗  (2)
13 居初尚裕 (3)
14 香取直樹 (3)
15 栗原優  (3)
16 石井琢也 (3)
17 岡田大佑 (3)
18 飯生祐也 (3)
19 関沢弘明 (3)
20 日下部由也(3)
 昨夏の正選手6人が残り守備は堅い。3番佐藤、打率4割超の4番成毛などの打撃陣は二死からも得点できる。捕手成毛のリードが生きれば面白い存在だ。
………………………………………………………………………………………………………
 ※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
 ※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
 ※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)


◇東総工(旭市)
監督 古谷康文
 1 石毛博之(3)
 2 宮内将行(3)
 3 鈴木茂利(3)
 4 石橋将人(3)
 5 天野耕佑(3)
 6 秋葉翔太(3)
 7 山田翔平(3)
 8 石橋孝則(3)
 9○薄田和幸(3)
10 椎名敬祐(3)
11 菅谷憲明(3)
12 床枝知弥(2)
13 木内美人(2)
14 戸村隆聡(2)
15 渡辺匡仁(2)
16 川口賢 (2)
17 高木優 (2)
18 和地芳浩(2)
19 須郷弘海(2)
20 嶋田純也(2)
 チーム打率は2割台と低いが、1試合平均失策1・4の堅守で試合のリズムを作る。出塁率が高い1番天野を得点圏に進める展開に持ち込みたい。
 ◇富里(富里市)
監督 下井克彦
 1 赤尾歩 (3)
 2 檜垣利昭(3)
 3 鈴川健司(3)
 4 茅野英行(3)
 5 金城裕人(3)
 6 大塚剛志(3)
 7 荒久友樹(3)
 8○鈴木亮太(3)
 9 中泉光弘(2)
10 石毛貴弘(3)
11 棚谷純一(3)
12 伊藤玄樹(3)
13 築地晃 (2)
14 鈴木祐也(2)
15 鎌田竜延(2)
16 市川裕之(2)
17 小幡将巳(2)
18 吉田遼平(2)
19 郡司光夫(2)
20 里見勇人(2)
 エースの赤尾は130キロ台の速球が武器でスタミナがある。守りは中堅手鈴木と、大塚、茅野の二遊間コンビが堅守。全員が盗塁を狙う機動力が持ち味だ。
 ◇成田(成田市)
監督 尾島治信
 1 石井孝典(3)
 2 中山和朗(2)
 3 荻島雄太(3)
 4 伊藤哲士(2)
 5 奥野達也(3)
 6 花島弘樹(2)
 7 秋山亮太(3)
 8 野沢佑介(2)
 9○山田倫裕(3)
10 佐瀬友基(2)
11 中原悠介(2)
12 窪木孝志(3)
13 桜井真吾(3)
14 石橋悠 (3)
15 藤井亮太(2)
16 進藤俊一(3)
17 戸田俊祐(3)
18 関広樹(3)
19 中原啓吾(3)
20 山本怜志(3)
 投手力を中心とした伝統の守りの野球は健在で、特に伊藤、花島の二遊間が堅守をみせる。打線は中軸だけでなく、7番荻島も本塁打8本と長打力がある。
 ◇成田北(成田市)
監督 井野和浩
 1 駒塚瑛司(3)
 2 弘中周平(1)
 3○米森豊 (3)
 4 小川仁志(3)
 5 月形豪志(3)
 6 中山大輔(3)
 7 篠田聖寅(3)
 8 松田寛之(2)
 9 毒島宏幸(3)
10 内藤安吾(3)
11 飯嶋崇 (3)
12 柏木貴大(3)
13 山田裕斗(2)
14 小野慎司(2)
15 菅井正善(2)
16 乗本大 (2)
17 浅川範仁(1)
18 篠崎〓也(1)
19 秋山剛 (1)
20 高橋利幸(1)
  エース駒塚は135キロの直球にフォークやナックルを織り交ぜる。打線では1番中山が打率3割5分で長打力もある。他のバッターは単打を重ねたい。
 ◇成田国際(成田市)
監督 白戸真人
 1 椿琢磨  (3)
 2 青柳賢吾 (3)
 3 大場祥孝 (3)
 4 石井俊也 (3)
 5 泉水洋祐 (3)
 6○宮本健  (3)
 7 伊藤翔太 (2)
 8 雨宮貫  (3)
 9 大澤慶介 (3)
10 竹本光夫 (3)
11 野崎順平 (1)
12 中村祥平 (2)
13 青野聡樹 (2)
14 横堀将人 (1)
15 太田春彦 (2)
16 松本祐樹 (1)
17 深津勇気 (1)
18 本多哲也 (1)
19 遠藤諒介 (1)
20 千葉洪太朗(1)
 エース椿は低めの直球が武器。左腕大場は打たれ強い。1番宮本がチャンスを作り、打率3割4分7厘の石井、5本塁打の青柳ら中軸に期待する。
 ◇成田西陵(成田市)
監督 真田正人
 1 吉岡拓哉 (3)
 2 山崎銀次郎(2)
 3 宮本秀幸 (2)
 4 増田勝行 (3)
 5○鈴木怜央 (3)
 6 柴田守  (3)
 7 佐々木聖矢(2)
 8 大川直也 (3)
 9 三門丈訓 (3)
10 堀川一宙 (2)
11 高宮裕太郎(2)
12 大嶋優友 (1)
13 佐々木達弥(1)
14 石戸翼  (1)
15 斎藤恭平 (1)
16 吉岡邦久 (1)
17 根本貴紀 (1)
18 豊沢清和 (1)
 レギュラー全員が昨夏大会を経験し、初戦突破が目標。エース吉岡は打たせて取るタイプで、内野陣は送球ミスを防ぎたい。少ない好機を中軸で返す。
 ◇成東(成東町)
監督 鈴木一郎
 1 高荒洋平 (3)
 2 椎名浩太郎(3)
 3 平安名淳史(3)
 4 遠山淳  (3)
 5 下野貴久 (3)
 6 今関貴士 (3)
 7 土屋敦史 (3)
 8○関本好平 (3)
 9 山下拓紀 (3)
10 中島良太 (3)
11 横山祐介 (3)
12 鈴木浩文 (3)
13 林一希  (3)
14 小久保槙二(3)
15 佐藤悠葵 (3)
16 三浦達  (3)
17 鈴木昭博 (3)
18 作田竜平 (3)
19 秋葉亮祐 (3)
20 麻生卓寿 (3)
 二塁遠山が中心の守りのチーム。打率4割超の土屋ら左打者が多い攻撃力は昨年より上だ。多彩な変化球の高荒とリリーフ中島の継投で試合を締めたい。
 ◇八街(八街市)
監督 沼山尚一郎
 1 竹之内将太(3)
 2 坂本仁  (2)
 3○山本真規 (3)
 4 加藤裕輔 (2)
 5 平野達也 (3)
 6 大沼俊輔 (2)
 7 門山圭太 (3)
 8 宍倉雅典 (2)
 9 鈴木博也 (3)
10 土屋賢司 (2)
11 和田善弘 (2)
12 三山立  (2)
13 鈴木勝貴 (2)
14 鳴海辰徳 (2)
15 檜垣好延 (2)
16 高橋旭  (1)
17 高橋光  (1)
18 小林和真 (1)
19 小山剛  (1)
20 大道直哉 (1)
 エース竹之内は下手投げに変え、試合経験を積んだ。機敏な動きのショート大沼が守備の中心で、打線は打率3割超の鈴木勝らに長打力。初戦突破を狙う。
 ◇横芝敬愛(横芝町)
監督 渡辺文人
 1 鈴木祐一 (2)
 2○鈴木和弥 (3)
 3 伊藤雄祐 (3)
 4 並木正  (3)
 5 鎌形幸生 (3)
 6 鶴岡智光 (2)
 7 石橋卓  (3)
 8 平野敏之 (3)
 9 平山亮  (3)
10 向後淳  (3)
11 宇井達哉 (3)
12 高橋春樹 (2)
13 熱田拓也 (2)
14 鎌形順  (3)
15 常世田直樹(3)
16 宮薗直斗 (2)
17 石橋杏彩 (2)
18 藤代達也 (2)
19 伊藤彰太 (2)
20 大木裕治 (3)
 130キロ台の直球の鈴木祐、リリーフの並木らの投手陣を強肩ぞろいの守備陣が支える。長打力があり打率3割超の伊藤雄や勝負強い平野らで得点する。
 ◇安房(館山市)
監督 早川貴英
 1 石井宣康 (3)
 2○長谷川賢 (3)
 3 鈴木塁  (3)
 4 鈴木翼  (3)
 5 志村秀夫 (3)
 6 岩波徹  (3)
 7 早川貴章 (3)
 8 大道弘貴 (2)
 9 星野佑貴 (2)
10 大川達也 (3)
11 小池直弘 (3)
12 栗原佑人 (3)
13 岩崎俊憲 (3)
14 吉岡志隆 (3)
15 新井一成 (3)
16 中山佑一 (3)
17 高尾勇樹 (2)
18 安西亜紀彦(2)
19 石井拓人 (2)
20 高梨達彦 (2)
 昨年より上昇した攻撃力はチーム打率3割2分1厘。1番鈴木翼ら左4人は3割台後半の高打率だ。横手投げの石井と左腕早川の継投で競り勝ちたい。
………………………………………………………………………………………………………
 ※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
 ※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
 ※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇安房水産(館山市)
監督 黒川栄一
 1 関口雄希(2)
 2○宮川恒彦(3)
 3 伊藤利兼(2)
 4 藤後友章(2)
 5 岡部栄吉(2)
 6 山下祐騎(3)
 7 池谷竜二(3)
 8 工藤崇 (3)
 9 井野與光(2)
10 小滝佑介(1)
11 汐田和正(2)
12 鈴木達也(2)
13 芝田真人(2)
14 小沢信乃(1)
15 安藤和則(1)
16 瀬戸雅敏(1)
17 田辺圭祐(2)
18 早川輝 (2)
19 吉井貴大(1)
20 青木孝司(1)
 投手陣は昨夏からエースの関口に加え、成長著しいリリーフの工藤。打線は1番宮川と3番山下が打率3割近い。守備のミスを防ぎ、初戦突破を目指す。
 ◇安房拓心(和田町)
監督 高山靖
 1 小嶋竜太 (2)
 2 平島一憲 (3)
 3 小野寺良光(2)
 4 高橋祐介 (3)
 5 正木哲也 (3)
 6 松下哲也 (3)
 7 浜野祥一 (3)
 8○庄司勝彦 (3)
 9 谷健作  (3)
10 黒川学  (3)
11 足達剛人 (3)
12 仲島〓志 (2)
13 高橋和晃 (2)
14 安西春将 (1)
15 柴崎友耶 (1)
16 加藤雄樹 (1)
17 石川弘樹 (1)
18 小高泰弘 (1)
19 安田大輔 (1)
20 小藤田晃人(1)
 エース安西は130キロの速球に磨きをかけ、リリーフ小嶋はカーブが武器。中軸に浜野、松下と広角に打てるバッターがおり、1番高橋の出塁がカギ。
 ◇一宮商(一宮町)△
監督 石川誠一
 1 関和正  (3)
 2 佐藤芳昭 (2)
 3 長沢重治 (3)
 4○大和久智也(3)
 5 高山智生 (2)
 6 吉野修平 (2)
 7 天津健  (3)
 8 田村貴幸 (3)
 9 丸島知裕 (3)
10 松崎宏之 (2)
11 鈴木崇大 (2)
12 米倉啓友 (2)
13 山本辰也 (2)
14 鵜沢英司 (3)
15 久我雄大 (3)
16 斉藤洋一 (3)
17 丸島健嗣 (3)
18 竹下和宏 (2)
19 林裕介  (3)
20 武井祐樹 (3)
 打撃練習に力を入れた成果が1試合平均5・6の得点力だ。春の大会では5点差を逆転する粘り強さも見せた。二塁大和久を中心に守備力も上がった。
 ◇大多喜(大多喜町)
監督 高野幸夫
 1 及川裕晴 (3)
 2 栗原健一 (3)
 3○桐本裕太 (3)
 4 秋田浩二 (3)
 5 萩原裕人 (2)
 6 森健語  (2)
 7 酒井俊幸 (3)
 8 東條孝紀 (3)
 9 星野有哉 (3)
10 貝塚匡  (3)
11 太田竜司 (2)
12 東岩政樹 (2)
13 中村克也 (2)
14 秋葉恭兵 (2)
15 浅野通浩 (2)
16 高田浩希 (2)
17 本吉幸嗣 (2)
18 田村宗太郎(2)
19 渡辺裕基 (2)
20 吉野正輝 (2)
 精神力が強いエース及川と制球力がある森の継投で守り勝ちを狙う。強肩の遊撃森ら守備陣の送球ミスは少ない。打線も粘り強いバッティングをみせる。
 ◇大原(大原町)
監督 長谷川大
 1 小沢健太(3)
 2 田中裕 (2)
 3○福原弘志(3)
 4 小林涼介(3)
 5 高梨潤一(3)
 6 山崎洋平(2)
 7 松本隆行(3)
 8 野村貴之(3)
 9 高野哲史(2)
10 田辺義雅(3)
11 沢野祐輔(3)
12 久我亘 (2)
13 江沢拓也(2)
14 栗原涼 (2)
15 住広剛 (3)
16 加藤直哉(2)
17 石井達也(2)
18 青木雅広(2)
19 吉野御木(2)
20 森将太郎(3)
 攻撃型のチームで1試合平均7得点。1番高梨は打率4割1厘で出塁率が高く、4番松本は20本塁打を記録。エース小沢を中心に失点を最小限に抑えたい。
 ◇勝浦(勝浦市)
監督 佐藤哲男
 1○桃木周二(3)
 2 浅野秀和(3)
 3 石川裕一(2)
 4 佐瀬祐一(2)
 5 岩瀬拓也(2)
 6 高浜正弘(2)
 7 加藤文典(2)
 8 礒野宏章(2)
 9 鈴木隆弥(2)
10 永島大士(3)
11 斎藤幸平(3)
12 中村優也(2)
13 小原敏 (2)
14 斎藤勇希(2)
15 岩瀬貴英(1)
16 渡辺直喜(1)
17 土屋拓己(1)
18 末吉達哲(1)
19 吉野広大(1)
20 大江聡一(1)
 エース桃木は丹念にコースを投げ分ける。1試合平均4・7個の失策を減らし、打率が4割を超える3番鈴木、4番石川らが活躍すれば勝機も見えてくる。
 ◇九十九里(九十九里町)
監督 石井毅
 1 小川拓美 (3)
 2 古川新二 (2)
 3 早見剛  (3)
 4○海老原侑樹(3)
 5 吉井亮祐 (3)
 6 阿久津朋生(2)
 7 吉原純一 (2)
 8 土屋忍  (3)
 9 豊田裕介 (3)
10 島浦辰也 (3)
11 平田昌治 (2)
12 鬼原彰  (2)
13 八角昌彦 (2)
14 古川真也 (2)
15 鈴木敏丈 (2)
16 宮沢義弘 (2)
17 椎名了佑 (2)
18 草壁成  (2)
19 山本忠史 (2)
 カーブとチェンジアップを投げ分けて奮闘する小川を、守備陣がもり立てる。打率3割台の土屋、小川、豊田のクリーンアップで得点し、初戦突破が目標。
 ◇山武農(大網白里町)
監督 福島太輔
 1 山口裕紀 (2)
 2 吉田憲一 (2)
 3 椎名純也 (2)
 4 山田浩一 (2)
 5 菊田原野 (3)
 6○小川紋斗 (3)
 7 山田隆司 (2)
 8 檜山俊光 (3)
 9 鹿野幸大 (2)
10 立石誠  (3)
11 今関涼介 (1)
12 内山祐和 (1)
13 江口和真 (1)
14 遠藤翔  (1)
15 木村誠一 (1)
16 柴野祐介 (1)
17 高知尾佑介(1)
18 三浦勇気 (1)
19 安ケ平翔太(1)
 全力プレーを心掛ける。打率3割超の菊田、檜山を1、3番に置き、バントを絡めて得点する。守りは遊撃の小川が堅実。エース山口の制球力がカギを握る。
 ◇白里(大網白里町)
監督 松田俊晴
 1 加瀬剛弘(3)
 2 内山亮太(2)
 3 釜田卓也(3)
 4 志賀亮太(2)
 5 今関悟 (3)
 6○片海健太(3)
 7 田辺泰道(3)
 8 小高知昭(3)
 9 鈴木和弥(3)
10 佐藤竜 (2)
11 金成鉄城(2)
12 内山浩之(2)
13 今関弘樹(1)
14 三俣竜也(1)
15 渡辺勇樹(1)
16 青木美憲(1)
 エース加瀬は130キロ台の速球、リリーフ鈴木は緩急を使い分ける。守備は積極的に声を掛け合う。打線は打率3割9分の3番釜田を中心につなぐ。
 ◇館山(館山市)
監督 棚橋孝
 1 川名涼 (3)
 2 須藤貴大(3)
 3 外舘健一(2)
 4 羽山剛正(3)
 5○池谷友之(3)
 6 竹林宏明(2)
 7 生稲大輔(3)
 8 小沢晶太(2)
 9 牧野博貴(2)
10 山下功二(3)
11 高橋智哉(2)
12 黒川幸浩(2)
13 柴崎一樹(2)
14 小山裕史(2)
15 三橋祐紀(3)
16 山本昌央(3)
17 渡辺由喜(2)
18 仲山浩史(2)
19 田辺俊介(2)
20 小谷将司(2)
 チーム打率3割1分1厘で小沢、牧野が4割を超える。直球が135キロの川名は変化球も多彩。正選手4人が2年生で、落ち着いたプレーを心掛けたい。
………………………………………………………………………………………………………
 ※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
 ※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
 ※紹介文の成績は新チームになってからの数字(毎日新聞)

◇千葉学芸(東金市)
監督  鈴木広岳
 1  藤崎友輝(2)
 2 ○柳沢慶彦(3)
 3  岩崎誠也(2)
 4  中島翔 (1)
 5  深沢学 (1)
 6  小川資弘(2)
 7  篠崎恭平(1)
 8  安藤孝司(1)
 9  畠中久 (1)
10  川津一寛(2)
11  秋葉慎也(1)
12  萩原涼太(1)
13  今井賢 (2)
 単打や四球で走者をため、唯一の3年生柳沢の打撃に期待したい。昨夏の大会を経験した2年生エース藤崎を、守備範囲の広い遊撃の小川らがもり立てる。
 ◇千葉未来(鴨川市)
監督  桜井孝史
 1  千葉一誠 (2)
 2  小松秀一郎(2)
 3  三浦勝  (2)
 4  藤田拓也 (2)
 5  渡井慶浩 (2)
 6 ○君塚岳望 (2)
 7  清水修平 (1)
 8  冨士屋誠 (1)
 9  石井良幸 (2)
10  戸部洋平 (2)
11  七海雄平 (2)
12  地引啓介 (1)
 1年生のみだった昨年のチームから攻撃力が上昇。3番君塚は勝負強く、左右両打ちの4番千葉は打率5割2分。平均得点は10・8と破壊力がある。
 ◇長生(茂原市)
監督  阿部昌史
 1  野老裕之(3)
 2  斉藤陽介(3)
 3  松崎伊克(3)
 4  鈴木崇士(3)
 5  松浦規夫(3)
 6 ○福山翔司(3)
 7  藍竜也 (3)
 8  小野宏夢(3)
 9  細谷丈斗(3)
10  中村航 (3)
11  松村彰 (3)
12  鈴木良幸(3)
13  桜井雅人(3)
14  平地義武(3)
15  栗原弘毅(3)
16  谷川育己(3)
17  佐藤惇平(2)
18  小沢啓太(2)
19  屋城勇仁(2)
20  橋本典 (2)
 昨夏大会のメンバーだった鈴木崇、福山の二遊間コンビや、三塁の松浦が堅守をみせる。エース野老はスタミナ十分で、130キロ台後半の直球で勝負する。
 ◇東金(東金市)
監督  大塚仁巳
 1  加瀬憲太郎(3)
 2  前田元希 (3)
 3  山田雄太 (3)
 4  竹森渉  (2)
 5  土谷良平 (3)
 6 ○板倉築成 (3)
 7  松井竜也 (2)
 8  曽江健太 (2)
 9  宍倉潤  (3)
10  中川貴昭 (2)
11  今井京介 (3)
12  清水銀志 (3)
13  赤平貴文 (3)
14  松井淳樹 (3)
15  小川和也 (3)
16  友田康夫 (3)
17  小見川卓也(3)
18  木原裕太 (3)
19  加藤知也 (3)
20  原田尚輝 (2)
 投手陣は粘り強い投球の加瀬、左の中川、昨夏を経験した赤平もおり豊富だ。打線に長打は少ないが、チーム打率は3割近く、下位からでも得点が可能。
 ◇東金商(東金市)
監督  石橋和人
 1  白藤大将 (2)
 2 ○土屋勝俊 (3)
 3  鈴木智之 (3)
 4  西川将平 (3)
 5  吉井秀治 (3)
 6  八木岳史 (3)
 7  片桐綾士 (3)
 8  中村直樹 (3)
 9  佐瀬俊一 (3)
10  森川修一 (3)
11  今井勝  (3)
12  尾田自寿 (2)
13  斎藤祐介 (3)
14  藤川洸史 (3)
15  元山隆之 (2)
16  鵜ノ沢一樹(2)
17  鈴木直  (2)
18  津田達也 (2)
19  山下祐介 (2)
20  中村善博 (3)
 エース白藤は130キロ台の速球、リリーフ今井は長身から投げ下ろすカーブが魅力。腰痛で出場できない三塁コーチ森川を含め全員野球で上位を目指す。
 ◇長狭(鴨川市)
監督  福原範明
 1  吉野哲也 (2)
 2 ○大森達矢 (3)
 3  下羽一歩 (2)
 4  宮原拓也 (3)
 5  金木康之 (3)
 6  酒井悠千 (3)
 7  館石昌紀 (3)
 8  小柴彰弘 (3)
 9  山口雄太朗(2)
10  木村良太 (3)
11  佐藤康成 (3)
12  森将人  (3)
13  粕谷広  (2)
14  長谷川亮太(2)
15  高梨貴弘 (2)
16  木村正人 (3)
17  斉藤諒介 (3)
18  栖原渉  (3)
19  吉野純  (3)
20  平野恵介 (2)
 正選手に昨夏の経験者が7人。エース吉野哲はコントロールの良い変化球で勝負。打線は左打者が6人そろい、右の大森や金木は打率4割前後の強打者。
 ◇岬(岬町)
監督  鈴木洋松
 1  三上慎也 (1)
 2  川瀬信一 (2)
 3  細谷隼人 (1)
 4  中村健嗣 (1)
 5  増田彰宏 (2)
 6  三上瞬  (1)
 7  丸隼人  (1)
 8 ○山口大樹 (2)
 9  稲冨健太郎(1)
10  寺田結城 (3)
 部員10人中9人が1、2年生で、捕手川瀬が大きな声を出して引っ張る。打線に長打力はないが、1番山口の足を生かし、つなげる攻撃で得点したい。
 ◇茂原(茂原市)
監督  宇野泰文
 1  中村拓也(1)
 2  梶弘介 (1)
 3 ○小林一道(1)
 4  三上良太(1)
 5  麻生修平(1)
 6  清水雄太(1)
 7  高山将吾(1)
 8  冨塚雄太(1)
 9  杉浦一輝(1)
10  山崎元貴(1)
11  朝倉史仁(1)
12  菅野大樹(1)
13  遠藤豊 (1)
14  河野武晃(1)
 創部1年目。エース中村はピンチに動じない度胸がある。リリーフはいずれも左の小林と山崎。打線はセンター返しのバッティングを心掛ける。
 ◇茂原工(茂原市)
監督  米沢庄市
 1  井内和也 (3)
 2  篠原充  (2)
 3  山本泰之 (3)
 4  篠田圭輔 (3)
 5  涌井寛  (3)
 6 ○土屋光司 (3)
 7  関仁士  (3)
 8  古山悟  (3)
 9  吉野祐也 (3)
10  金城竜  (3)
11  大石和人 (2)
12  大石直人 (2)
13  近藤一馬 (2)
14  佐久間洋平(2)
15  石井佑介 (2)
16  今井隆一 (2)
17  中村大輔 (2)
18  沼雄太  (2)
19  内山真一 (2)
20  市村憲昭 (2)
 ミートがうまい1番土屋は50メートル走6秒の俊足。篠田、涌井の中軸は打率3割を超え、下位の山本も長打力。エース井内はスタミナがあり、制球力も良い。
 ◇茂原農(茂原市)
監督  鵜沢守
 1  中村純    (2)
 2  小林淳    (2)
 3  小関和也   (3)
 4  末永直    (1)
 5  松広宏史   (1)
 6  小畑敦士   (1)
 7 ○橋本大輔   (3)
 8  富田隆則   (3)
 9  伊藤裕輔   (3)
10  池田裕樹   (2)
11  西エルデル雄一(1)
12  清宮真    (1)
13  三橋優樹   (1)
14  野口智史   (2)
15  岩崎裕太   (2)
16  井林立行   (1)
17  杉尾昌悟   (2)
18  岩崎辰哉   (2)
19  佐藤真一   (3)
20  久我翔太   (1)
 投手陣はカーブとシンカーが決め球の中村と左横手投げの伊藤、130キロの直球の西ら4人。打線は25盗塁の橋本の足を生かし、4番小林の長打に期待。
 ◇茂原北陵(茂原市)
監督  舟竹浩昭
 1  緑川正人(3)
 2 ○阿部優祐(3)
 3  千葉真雅(3)
 4  伊藤優樹(3)
 5  林祐輝 (3)
 6  高橋浩平(3)
 7  米倉昌肇(2)
 8  八木啓太(2)
 9  若菜智哉(1)
10  成川徹 (2)
11  斉藤晃宏(2)
12  田中俊祐(2)
13  矢倉竜一(1)
14  中島健太(1)
15  陣内誠也(1)
16  森川健太(1)
17  平川俊介(1)
18  熊坂晃 (1)
19  荘司隆悟(1)
 伊藤、高橋の二遊間と中堅八木は打球への反応が良い。打線は1番高橋、4番阿部の打率が3割を超え、9番米倉の50メートル走6秒の足も生かしたい。
 ◇姉崎(市原市)
監督  渡辺秀樹
 1  小倉光雄 (1)
 2  栗山良介 (1)
 3  林大地  (1)
 4  三島優輝 (3)
 5  井ノ口豪士(3)
 6 ○石井克典 (3)
 7  石井典明 (3)
 8  天間貴弘 (3)
 9  濱田誠  (3)
 制球力のある小倉と強肩の捕手栗山の1年生バッテリーを、守備陣が支える。3番三島は右打ちが得意で、4番濱田は長打力がある。初戦突破が目標。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字※背番号は過去掲載分を含め変更になる可能性があります(毎日新聞)


 ◇天羽(富津市)
監督  中山俊和
 1  立石公太 (3)
 2  糠森翔太 (2)
 3 ○早田勇輝 (3)
 4  鈴木辰徳 (2)
 5  立石雄太 (2)
 6  池田友樹 (2)
 7  坂本純一 (2)
 8  川辺亮  (3)
 9  高橋達也 (3)
10  尾形亮  (2)
11  岡崎亮佑 (2)
12  斉藤賢太朗(2)
13  藪下和樹 (2)
14  小川達也 (2)
15  伊藤忍  (1)
16  茂木辰弥 (1)
17  田村培果 (1)
18  小川翔太 (1)
19  吉田昭太 (1)
20  小磯竜馬 (1)
 エース立石はスタミナだけでなく球威も増してきた。60試合で61盗塁をマークした俊足池田が出塁し、確実につないでいきたい。初戦突破を果たしたい。
 ◇市原(市原市)
監督  金子幸雄
 1  小山国宏(3)
 2  桜井強 (2)
 3  飯山貴司(3)
 4  積田康之(2)
 5  横浜英人(2)
 6  小林恵大(3)
 7  山田政季(3)
 8 ○野村直行(3)
 9  潤間赳郎(2)
10  鈴木健 (3)
11  山下輝 (3)
12  中武寛幸(2)
13  鈴木涼太(2)
14  牛膓卓也(2)
15  鈴木葵 (2)
16  磯野茂郎(2)
17  原田伸吾(2)
18  鶴岡良樹(2)
19  太田将輝(1)
20  根本遼児(1)
 2年生からレギュラーの遊撃の小林が守備の要。守って試合のリズムを作り、攻撃につなげたい。昨夏、今春と初戦負けが続いており、まず1勝が目標。
 ◇市原園芸(市原市)
監督  屋敷繁治
 1  柴田幸治 (3)
 2 ○大野拓也 (3)
 3  君塚武士 (3)
 4  深山貴久 (3)
 5  君塚紘治 (1)
 6  鈴木雅士 (2)
 7  佐藤翔太郎(3)
 8  竹内嘉章 (1)
 9  川端輝  (2)
10  江沢竜太朗(1)
 来年から他校と統合するため、同校としては最後の夏。3番君塚武は6割6分7厘の高打率。昨夏以来の公式戦参加で、10人の全部員一丸でベストを尽くす。
 ◇市原中央(市原市)
監督  萱野啓明
 1  大沢克也 (2)
 2  亀山航太 (2)
 3  長野正一郎(2)
 4  有路千悠 (3)
 5  鎗田啓介 (1)
 6 ○土岐亮太 (3)
 7  藤原朋弘 (2)
 8  白井達也 (2)
 9  青柳卓也 (3)
10  小林剛史 (3)
11  山本尚史 (2)
12  山口聡  (1)
13  武田俊亮 (1)
14  井上翔一 (1)
15  小沼桂  (1)
16  海老根大樹(1)
17  相内康伸 (1)
18  小原聡一郎(1)
19  長谷川貴士(1)
20  緑川和幸 (1)
 レギュラー8人が昨年からベンチ入りし、エースで4番の大沢が大黒柱。つなぐ野球で得点を重ねる。主将の5番土岐は打率3割4分1厘でパワーもある。
 ◇市原緑(市原市)
監督  鎗田勝弘
 1  中村剛  (3)
 2  宮本友貴弥(3)
 3 ○中野陽光 (3)
 4  高沢悟  (2)
 5  加藤春樹 (2)
 6  草場大輔 (2)
 7  名取秀之 (1)
 8  新納貴茂 (2)
 9  小村航  (1)
10  丸山淳平 (2)
11  小村勇気 (2)
12  高橋正樹 (2)
13  山田智拡 (1)
14  森田勇気 (1)
15  羽二生良太(1)
16  遠藤裕幸 (1)
17  佐藤達也 (1)
18  奥山兼大 (1)
19  田中勇将 (1)
20  堀川悟  (1)
 1年生からエースの中村は体力とともに球速も増してきた。「1アウトを全員で、1点を全員で」を合言葉に、初戦突破を目指して大会に臨む。
 ◇市原八幡(市原市)
監督  篠原雅之
 1  高山貢祐 (2)
 2  宮沢慎吾 (2)
 3  石渡邦彦 (2)
 4  大久保真人(2)
 5  山本隼人 (3)
 6 ○蒲生拓也 (3)
 7  中野裕貴 (3)
 8  小針亮太 (3)
 9  渡辺剛志 (3)
10  今井良平 (2)
11  宮内佑弥 (2)
12  浜崎太佑 (2)
13  大原稔弘 (2)
14  森真也  (2)
15  森谷潤  (2)
16  江沢貴浩 (2)
17  重田裕介 (2)
18  倉重康一 (2)
 1番から6番が打率3割以上の攻撃型チーム。1番小針は31試合で30盗塁を決めた俊足。去年からエースの高山はカーブを決め球に打たせて取るタイプ。
 ◇上総(君津市)
監督  鴇田定男
 1  神崎剛志 (3)
 2  酒井勇樹 (2)
 3  渡辺裕輝 (3)
 4  酒井剛樹 (2)
 5  戸枝真也 (3)
 6  三上卓己 (3)
 7 ○沢部喜洋 (3)
 8  佐久本翔悟(3)
 9  金子直哉 (3)
10  松下弘信 (2)
11  石井康介 (1)
 エース神崎はカーブ、フォークを使う技巧派で、序盤戦をうまく乗り切りたい。センターラインは堅守をみせる。打線は5本塁打の3番戸枝に一発がある。
 ◇木更津(木更津市)
監督  高瀬忠章
 1  瀧惇一  (2)
 2  山口裕也 (3)
 3  田村洋祐 (2)
 4  片岡洋  (2)
 5  今泉京  (3)
 6  石井健太 (3)
 7  二宮直徹 (3)
 8 ○池田寛  (3)
 9  伊藤浩亮 (3)
10  羽山努  (3)
11  落合将己 (2)
12  時田佑太 (3)
13  篠崎翔太郎(3)
14  平野和也 (3)
15  五島興  (2)
16  鎌田拓哉 (3)
17  羽山尚利 (3)
18  重城遥臣 (3)
19  加藤直樹 (3)
20  川守田大輔(2)
 走攻守にバランスの取れたチーム。エース瀧は防御率は2・27。チーム打率は3割を超え、47盗塁の二宮を筆頭に、1試合平均3・4盗塁と俊足ぞろい。
 ◇木更津高専(木更津市)
監督  高橋秀雄
 1  森川慎也 (2)
 2 ○浜野卓  (3)
 3  飛永和真 (3)
 4  大野貴洋 (3)
 5  海老根拓郎(3)
 6  下村康一郎(3)
 7  鈴木順平 (3)
 8  東山佳亮 (3)
 9  鳥飼豊  (2)
10  岩間佑介 (2)
11  天藤充俊 (2)
12  広渡貴大 (2)
13  善積正伍 (2)
14  曽根将弘 (2)
15  花崎祥吾 (2)
16  西嶋悠貴 (2)
17  藤本裕  (2)
18  渡部将来 (2)
19  伊藤達也 (1)
20  北口想  (1)
 上位打線が出塁し、長打もある4番浜野につなげたい。投手はエース森川と鈴木、岩間の右腕3人。声を掛け合う守備陣の連携は取れている。
 ◇木更津総合(木更津市)
監督  五島卓道
 1  森洋平  (3)
 2  小林晃大 (3)
 3 ○庭山貴行 (3)
 4  戸田拓也 (2)
 5  牧野恵介 (3)
 6  渡辺匠  (3)
 7  平野靖幸 (2)
 8  松本優  (3)
 9  柏倉良至 (3)
10  木村真幸 (2)
11  関岡亮  (3)
12  井納翔一 (3)
13  大和田一磨(3)
14  白石光  (3)
15  鈴木弘武 (3)
16  寺尾夏輝 (1)
17  山口貴史 (3)
18  小嶋雄仁 (3)
19  香取佳祐 (3)
20  高石光  (3)
 昨夏に優勝した当時のベンチ入りメンバーがレギュラーに4人。投手陣はエース森ら5人。攻撃の軸は12本塁打の3番平野と打率3割8分5厘の4番柏倉。
 ◇君津(君津市)
監督  塙博行
 1  岩井亮太(3)
 2  宮野貴幸(2)
 3  水野朋信(2)
 4  山浦祐典(2)
 5  寺村俊彦(3)
 6  鈴木崇正(3)
 7  三幣亮 (3)
 8 ○新保順司(3)
 9  中山雄策(3)
10  鈴木和正(3)
11  浪久隼斗(2)
12  福原広宣(3)
13  木田直生(3)
14  門井大祐(2)
15  佐久間亮(2)
16  石原健也(2)
17  石井健司(3)
18  斉藤彰宏(3)
19  鬼海翔 (2)
20  刈込均 (2)
 50メートル走6秒2が4人そろった。鈴木崇は、46試合で25盗塁。左腕のエース岩井、制球力の良い鈴木和の両看板も安定し、走攻守バランスが取れたチーム。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字※背番号は過去掲載分を含め変更になる可能性があります(毎日新聞)


◇君津商(富津市)
監督  田中央道
 1  鶴岡敦 (3)
 2  今井浩 (3)
 3  長谷川剛(2)
 4  河部洋助(2)
 5  鈴木将 (3)
 6  高橋拓也(2)
 7  地引拓哉(3)
 8 ○三木紀幸(3)
 9  船場恭明(2)
10  鏡内浩敬(3)
11  佐々木剛(3)
12  鈴木隆太(2)
13  松村歩 (3)
14  田野達也(3)
15  高橋和人(2)
16  浜田雅也(3)
17  小嶌啓介(3)
18  竹内巧 (2)
19  渡辺瞬 (2)
20  牧野陽介(3)
 1年秋から登板してきた鶴岡はスタミナ十分で大きなカーブが武器。攻撃は1番三木の出塁を足掛かりに打率3割9分1厘の4番長谷川までつなげたい。
 ◇君津青葉(君津市)
監督  小沢広之
 1 ○松崎裕一 (3)
 2  元良卓巳 (3)
 3  千葉勝博 (3)
 4  米木悠  (3)
 5  相沢真人 (3)
 6  高木三津也(3)
 7  中村桂祐 (3)
 8  伊藤順  (3)
 9  神田義亮 (3)
10  江尻竜太 (2)
11  白井玄太 (3)
12  細川勇太 (2)
13  今村宏太 (3)
14  田村哲哉 (3)
15  本木靖人 (3)
16  重田有輝 (3)
17  鈴木貴也 (2)
18  根里孝幸 (2)
19  工藤圭晃 (2)
20  河埜公樹 (2)
 ともに打率4割を超える3番元良、4番高木が軸の3割打線が、1試合平均7・5点をたたき出す。エース松崎はスライダーで勝負。ベスト8を狙う。
 ◇暁星国際(木更津市)
監督  熊本亮
 1  中倉広太郎(3)
 2  富岡健  (2)
 3  森谷太樹 (2)
 4  武田大輝 (2)
 5  進勝史  (2)
 6  今野真吾 (3)
 7  本郷誠博 (3)
 8 ○久原秀介 (3)
 9  玉井大稔 (2)
10  菊山路男 (2)
11  原駿平  (2)
12  小川太朗 (1)
13  平井翔吾 (1)
14  阿南亮  (1)
15  越川泰臣 (2)
16  永田万英 (2)
17  服部真吾 (1)
18  鈴木悠久 (2)
19  森佑人  (2)
20  三由雄樹 (1)
 2年生ながら高校通算打率5割3分、30本塁打の4番富岡が攻撃の中心。1年生秋から投げる中倉と、小川、平井のリリーフ陣が踏ん張り勝ち進みたい。
 ◇京葉(市原市)
監督  飯生竜也
 1  中鉢正義 (3)
 2 ○加藤亨典 (3)
 3  秋元学  (3)
 4  山口太輔 (3)
 5  古賀健太郎(2)
 6  芦沢順太 (2)
 7  国吉和彦 (3)
 8  関正俊  (3)
 9  沢潤一  (3)
10  牧野大地 (2)
11  武藤拓也 (2)
12  窪野和博 (2)
13  小笠原啓太(2)
14  植草貴文 (2)
15  川端伸彦 (2)
16  太田真史 (2)
17  篠原将彦 (2)
18  近藤厚太郎(2)
19  安藤直樹 (2)
20  土岐拓也 (2)
 スライダーが決め球の中鉢は走者を置いてからの投球がカギ。主将加藤とのバッテリーを中心に守りで試合のリズムを作りたい。俊足関は56盗塁を記録。
 ◇志学館(木更津市)
監督  川俣幸一
 1 ○永島慎也 (3)
 2  岩本潤  (3)
 3  塩野元規 (3)
 4  二村真資 (3)
 5  安藤宗康 (2)
 6  簗田敬多 (3)
 7  鹿島啓介 (3)
 8  沖原圭佑 (3)
 9  菅沼佑允 (3)
10  桜庭文吾 (3)
11  小川慶典 (3)
12  五十嵐裕典(3)
13  渡辺尚徳 (3)
14  篠田良成 (3)
15  本橋謙一郎(3)
16  岸田光迅 (3)
17  堀切潤  (3)
18  石井祐樹 (2)
19  平野義貴 (3)
20  中村貴博 (3)
 15本塁打の岩本、7本塁打の菅沼ら先発8人が打率3割以上。2番沖原は盗塁数120。準優勝の昨夏以上を狙うにはエース永島ら投手陣の出来がカギ。
 ◇袖ケ浦(袖ケ浦市)
監督  川津正博
 1  安澤健太 (2)
 2  齋藤洋成 (2)
 3  小泉文孝 (3)
 4  佐久間勇輔(3)
 5 ○宮田和志 (3)
 6  鴇田和也 (2)
 7  松原廣昌 (2)
 8  牧宗一郎 (3)
 9  冨澤一平 (3)
10  中島政孝 (2)
11  樋口眞也 (3)
12  杉井渉  (2)
13  安藤功  (3)
14  出水宏幸 (2)
15  大海泰晶 (2)
16  坂本翔吾 (2)
17  藤原琢也 (2)
18  小原元  (2)
19  奈良輪功 (2)
20  水野拓也 (2)
 スライダーが武器の安澤の後に、牧、中島のリリーフ陣が控える。長打力のある宮田、冨澤につなぐ攻撃ができれば、昨年の2回戦以上も見えてくる。
 ◇拓大紅陵(木更津市)◎
監督  小枝守
 1  伊能英孝(3)
 2  中野大地(3)
 3 ○石原薫 (3)
 4  中沢優 (3)
 5  高橋淳徳(3)
 6  氏家教行(3)
 7  石原淳基(2)
 8  吉原晴夫(3)
 9  佐藤雄大(2)
10  平井俊裕(2)
11  露崎大輔(2)
12  関根詢 (3)
13  児島貴広(3)
14  小川喜三(3)
15  松本和樹(3)
16  高浜芳郎(3)
17  井口将希(3)
18  戸川達仁(3)
19  礒辺晃輔(2)
20  千葉大輔(3)
 今春の甲子園のマウンドに上がった伊能は139キロの直球が武器。4番氏家、5番中野を軸にチーム打率3割4分7厘。勝率8割を超え、目指すは頂点のみ。
 ◇千葉国際(君津市)
監督  須藤信幸
 1  西立野裕也(2)
 2  三浦亮太郎(3)
 3  本沢拓也 (3)
 4  原大樹  (2)
 5  星野隼人 (3)
 6  丸将太  (2)
 7 ○岡村昌幸 (3)
 8  倉形新五 (3)
 9  豊嶋康太 (3)
10  星野正人 (3)
11  西崎雄治 (3)
12  堀越寛大 (2)
13  石渡智一 (2)
14  高品義昭 (3)
15  柴田隆生 (2)
16  根本英隆 (3)
17  星野太志 (3)
18  竹内大輔 (2)
19  武内健治 (2)
20  根岸宜孝 (2)
 左腕の西立野はカーブを決め球にした投球で制球力がいい。バッテリーを組む三浦は1番バッターで7本塁打と好守の要。今春のベスト32以上を狙う。
 ◇鶴舞商(市原市)
監督  中村誠
 1  内山貴大 (2)
 2  渡辺隆一 (1)
 3  鳥越祥太 (2)
 4  麻生和志 (2)
 5  君塚直生 (3)
 6 ○斉藤達哉 (3)
 7  黒川和也 (3)
 8  江沢佳彦 (2)
 9  長谷川雄基(2)
10  石川雅一 (3)
11  岡田康典 (3)
12  村上昭生 (2)
13  吉田充  (2)
14  佐川孝平 (2)
15  木野亮太 (2)
16  岩崎徹  (1)
17  鶴岡麻人 (1)
18  安藤匡城 (1)
19  磯野享平 (1)
20  御園生慶 (1)
 3番君塚は打率4割4分2厘、4本塁打で攻撃の軸となる。エース内山は3種類の変化球を使い分け、冷静な投球を心掛ける。正選手6人が1、2年生。
 ◇東海大望洋(市原市)
監督  相川敦志
 1  地曳充史 (3)
 2 ○鯨井浩敬 (3)
 3  東海林風斗(3)
 4  小川翔  (2)
 5  鶴岡弘樹 (3)
 6  林大貴  (2)
 7  中山大地 (3)
 8  小林亘  (3)
 9  南陽介  (3)
10  田中竜太朗(3)
11  久保圭佑 (2)
12  仙波努  (3)
13  望月貴文 (2)
14  原義明  (2)
15  小菅明人 (3)
16  鯨井崇義 (1)
17  石川裕樹 (3)
18  鈴木郁雄 (3)
19  伊勢和貴 (3)
20  渡辺雄生 (3)
 50メートル走5・9秒が3人の機動力に、打率3割8分7厘の4番鶴岡らの打棒が加わり、1試合平均得点は6・6点。左腕のエース地曳は136キロの直球を持つ。
………………………………………………………………………………………………………
※◎はAシード、○はBシード、△はCシード
※左から数字は背番号、氏名、学年。○は主将
※紹介文の成績は新チームになってからの数字※背番号は過去掲載分を含め変更になる可能性があります(毎日新聞)